Red Bull

/ News

  • レッドブル

シンガポールにチャンスを見いだすフェルスタッペン

Jim
2016年8月8日 « マクラーレン時代を振り返るコバライネン | ハロー導入延期を後悔する事態を恐れるハミルトン »
© Gasperotti/Sutton
拡大

マックス・フェルスタッペンは来月のシンガポールGPが残る2016年シーズンにおいてレッドブルがメルセデスに打ち勝つ最大のチャンスになると考えているようだ。

今季、メルセデス以外のチームで表彰台の頂点に立ったのはレッドブルのみ。フェルスタッペンがトロ・ロッソからシニアチームに移籍した初戦のスペインGPで初勝利を挙げている。それから7戦を終えて、最低でも1人のレッドブルドライバーが表彰台に上ったレースは5回を数える。

ハンガリーとドイツの2戦連続表彰台を達成したレッドブルは夏休みまでにフェラーリを追い抜いてコンストラクターズ選手権2位に浮上し、シーズン前半戦を締めくくった。

"何事もない"レースでレッドブルがメルセデスに勝てると思うかと問われたフェルスタッペンは「今は無理かな。彼らが強すぎるから。ウエットになればもちろん僕らにチャンスはある。シルバーストーンでそうだったようにね。でも、通常のドライコンディションだと今の彼らは手が届かない」と答えている。

「もちろん、ちょっとした運も必要。彼らは時々、お互いにぶつかったり、トラブルがあったり、いろいろあるから、そうなれば僕らにもチャンスがあるけど、単純にスピードが違う」

また、モナコでピットストップのミスがなければダニエル・リカルドに勝機があったことを考えると、レッドブルは今頃2勝を挙げていたかもしれない。それでも、フェルスタッペンはシンガポールでメルセデスと競い合えると自信を見せる。

「残りのシーズンについては、シンガポールでまた近づけると思うけど、他のコースは難しいだろう。結局のところ、シーズン全体を通してモナコがベストチャンスだったんだと思う。シンガポールがモナコに近いと思うけど、モナコほど強力じゃない」

© ESPN Sports Media Ltd.