Red Bull

/ News

  • F1

ロッシもフェルスタッペンに感心

M.S.
2016年5月16日 « 苦々しさを押し殺すリカルド | 新星との年齢差に笑うフェラーリコンビ »
© Martini/Sutton
拡大

スペインGPでのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)の勝利にはMotoGPの一流ライダーであるバレンティーノ・ロッシも感心している。

フェルスタッペンはバルセロナにて18歳228日という最年少勝利記録を打ち立てた。これまでの記録保持者は約3年前に当時の最年少ウイナーとなったセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)だ。今回の勝利でフェルスタッペンの大きなポテンシャルが示され、次第に競争力を増しているレッドブルに移籍した今後は偉業を成し遂げることだろうと多くの人々が予測している。

レッドブルのアドバイザーであるヘルムート・マルコは以前、その才能をアイルトン・セナにたとえていた。セナと言えばF1史上最高と評されるドライバーだ。2輪の世界で同様の称賛を受けるのがロッシで、そのキャリアにおいて歴代2位となる112勝を誇っている。

フェルスタッペンがF1の歴史を書き換えるのを見たロッシは、ソーシャルメディアを通して称賛を送った。

「@Max33Verstappenのデビューは悪くなかったね #history」

フェルスタッペンが"ザ・ドクター"ことロッシが22歳で成し遂げた最年少タイトル記録を破るにはまだ4年の猶予がある。F1の最年少チャンピオンは2010年に23歳134日で戴冠したベッテルだ。また、F1で最も若くしてチャンピオンシップリーダーになったのはルイス・ハミルトン(現メルセデス)で、マクラーレンからデビューした2007年に同記録を達成している。

© ESPN Sports Media Ltd.