Red Bull

/ News

  • スペインGP - レッドブル - 決勝

フェルスタッペン、予想外の勝利に感激

Me / Jim
2016年5月16日 « 今後のアップグレードに期待するパーマー | フロントウイングに問題を抱えたハースF1 »
© Martini/Sutton
拡大

15日(日)に開催されたシーズン第5戦スペインGP決勝でレッドブルのマックス・フェルスタッペンが史上最年少優勝を決め、ダニエル・リカルドが4位入賞を果たした。

スタート後にクラッシュしたメルセデスコンビがリタイアした結果、レース序盤は2列目からスタートしたリカルドとフェルスタッペンが隊列をリード。3ストップを選んだリカルドは終盤にポジションを4番手に落とすも、前を行くフェラーリのセバスチャン・ベッテルと激しい攻防戦を展開する。しかしながら、残り1周でパンクチャーを喫して緊急ピットインを強いられた。それでも、ポジションをキープして4位でゴールしている。

2ストップ戦略をとったフェルスタッペンはフェラーリのキミ・ライコネンにプレッシャーをかけられながらもリードを守りきり、トップチェッカーを受けた。

ダニエル・リカルド

「少し複雑な気分だよ。今日はちょっと不運だった。僕はリードしていたのに3ストップ戦略だったから、コース上で3台のクルマを抜かなければいけなかった。そう簡単なことじゃない。セブ(ベッテル/フェラーリ)にはピットストップで前に出られてしまったから、トップに戻るためにはさらにオーバーテイクが必要になってしまった。今から思えば3ストップは間違いだったと思う。でも、レース中のチームにとってはそれが正しいと思えたんじゃないかな。僕は4番手に甘んじるつもりはなかったからベッテルをパスしようとしてチャンスはあったけど、成功はしなかった。表彰台にすら上がれないなんてすごくがっかりだ。その上、最後のパンクチャーで傷に塩を塗られる始末さ。マックスにとっては初めてのレース勝利という大きな1日になったね、おめでとう。彼は仕事をやり遂げた。みんなチームの判断に疑問を示していたけど、彼は自分がトップクラスのドライバーだってことを証明したんだ。マックスの表彰台を見るのがつらいわけじゃなく、自分がそこにいないのがつらいんだ。モナコに気持ちを切り替えよう。そこでは2人とも表彰台に上がりたいね」

マックス・フェルスタッペン

「すごく特別な気分だ。もちろん、勝つなんて予想もしていなかった。メルセデスの2人がクラッシュしたから、表彰台を目指すのは当然だけど、まさかその頂点だなんて信じられないよ。オランダ国家が初めてF1で流れて、父のことを考えずにはいられなかった。泣いていたって聞いたけど、本当にうそみたいだね。彼は僕のためにたくさんの時間を割いてくれた。彼がいてくれたからできたことだよ。レース中に不安はなかった。僕はただ集中してベストなドライビングをしていただけ。最後のストップを終えてから最後まで32周走らなければいけなかったから、タイヤを持たせることにすごく集中していた。でも、うまくいったよ! 残り5周でキミ(ライコネン/フェラーリ)が少しドロップオフしたのが分かった。彼は何度か抜こうとしていたから、タイヤを傷めたんだ。そこからは"よし、タイヤに集中して最後まで持ち帰ろう"と考えていた。この瞬間は一生忘れないよ。今はとにかく最高の気分だ。本当に驚き。言葉がない。表彰台があのメンバーで良かった。キミは父ともレースをしていたなんて、不思議なものだよね! インラップでは浮かれて騒ぎすぎて、ちょっとあちこち痛いけど、それも経験だ!」

クリスチャン・ホーナー(チーム代表)

「このチームでのデビュー戦でケタ外れの走りを見せ、史上最年少ウイナーとなったマックス・フェルスタッペンにとっては忘れがたい1日になったに違いない。オープニングラップでメルセデス勢がインシデントを起こした後、われわれは大量得点が可能な好位置につけていたが、非常に速いマシンを誇るフェラーリ勢がいたため、本当に難しかった。レースでは何度か難しい判断も強いられ、2ストップと3ストップのどちらが最速なのかはっきりしなかったので、戦略を分けることにした。2ストップはギリギリのところだと考えていたが、マックスが最後までタイヤをもたせ、一切のミスを犯すことなく実に感動的な勝利を果たしている。ダニエルの方はよりフレッシュなタイヤで巻き返しを図っていたものの、残り数周のところでパンクチャーに見舞われてしまい、それがなければ彼もきっと表彰台に上っていたことだろう。ただ、この先はまだ期待できることがたくさんある。表彰台の頂点に戻って来られて最高だ」

© ESPN Sports Media Ltd.