Red Bull

/ News

  • レッドブル

レッドブル、インフィニティとの契約終了を発表

Jim
2015年12月7日 « ルノーの計画には見込みがあるとレッドブル | Honda感謝祭でアロンソがRC213Vにライド »
© Red Bull Racing
拡大

レッドブルがインフィニティとのタイトルスポンサーシップ契約を今年末で打ち切ることを明かした。

ルノーと日産のアライアンス(提携)の一環として2011年に初めてレッドブルマシンにインフィニティブランドが記載され、2013年には4年間のタイトルスポンサーシップ契約を締結。しかしながら、ルノーとエンジン供給契約を再交渉した末に、レッドブルは来季のパワーユニット名にタグ・ホイヤーブランドを冠することに決めており、ルノー・日産アライアンスにとってはマーケティング活動の意味を成さなくなった。

また、ルノーはロータスを買収してワークスチームを復活させることが決まっており、同社は今後、そこに多くの投資を行っていくことになる。

報道声明ではレッドブルがルノー・日産アライアンスと"円満合意"に至り、予定より1年早くインフィニティとの契約を終了することになったと説明されている。

レッドブル代表のクリスチャン・ホーナーは「2011年にコマーシャルパートナーとしてチームに加わって以来、インフィニティがチームにもたらしてくれた貢献に心から感謝している」と述べた。

「チームのタイトルスポンサーになった2013年から、インフィニティはF1において他のどのメーカーよりも優れた知名度に恵まれてきた。彼らの今後の活躍と健闘を祈る」

© ESPN Sports Media Ltd.