Red Bull

/ News

  • アブダビGP - レッドブル - 予選

グリッド位置を生かして上位を目指すレッドブル

M.S.
2015年11月29日 « 大半が2ストップと予想するピレリ | ハミルトン、1つのセットアップ変更があだに »
© Sutton Images
拡大

レッドブルのダニエル・リカルドとダニール・クビアトはシーズン第19戦アブダビGP予選で5番手と9番手につけた。

予選前に行われた土曜フリー走行ではリカルドが6番手タイムを残した一方、電気系のトラブルに見舞われたクビアトは2周を走ってノータイムに終わっている。

ダニエル・リカルド

「このセッションには満足している。僕らは本当にうまくやったと思う。すべてのセッションで進歩していけたし、今週末はこれまでのところとても順調。ラップタイムはずっと良くなり続けて、それぞれのセッションがうまくいったって分かるのはそういうときさ。走るたびにコンマ数秒を見つけるんだ。去年、僕が予選ベストパフォーマンスを見せた場所の一つがここで、今日はそれを少し裏付けられた感じだね。明日のターゲットはウィリアムズを抑え、ペレス攻略の道を見つけること。今日の彼は本当に速かった。レースでは勢いが弱まってくれればいいんだけど。明日は面白いレースになるだろう。彼らをコース上でパスするのは簡単じゃないだろうけれど、少なくともオーバーテイクが可能なコースではある。DRSゾーンはいい感じだし、トライすることは確実にできるよ」

ダニール・クビアト

「FP3で走れなかったことが僕らの一日に影響し、マシンから正しい感触が得られなかったのが残念。夕方にあまり影響がでないことを願っていたんだけど、実際はそうなり、とにかく快適に感じられなかった。昨日起こった小さな問題のせいで土曜フリー走行では走ることができず、ちょっと先が見えない状況で予選に向かわざるを得なかった。昨日のフリー走行2回目で少しロングランができたのはラッキーだったね。すごく有益だったし、明日に役立つだろう。明日はいくつかポジションを上げられるよう頑張るし、何か持ち帰ることができるといいな」

クリスチャン・ホーナー(チーム代表)

「明日のレースに向けて5番手につけたダニエルのラップはファンタスティックだった。もしかしたら彼のシーズンベストラップかもしれない。彼はセクター3で速いペースを見せ、それがセクター1とセクター2で失ったタイムをカバーした。ダニー(クビアト)もセクター1とセクター2でダニエルのペースに匹敵したが、残念ながらセクター3でタイムロスし、9番手につけている。現実的に言ってもこれらのグリッドポジションからは強いレースが期待できるし、明日はこれを最大に生かして可能なかぎり最高のリザルトでシーズンを終えることを目指す」

© ESPN Sports Media Ltd.