Red Bull

/ News

  • レッドブル

ガスリー、レッドブルの公式リザーブに就任

Me
2015年9月30日 « レッドブルの訴えを真剣に受け止めるエクレストン | 2016年開幕戦は4月ではなく3月 »
© Getty Images
拡大

フランス人ドライバーのピエール・ガスリーがレッドブルの公式リザーブドライバーに指名された。期間は2015年末までとなる。

2014年からチームの育成プログラムの一員となったガスリーは、スペインとオーストリアGP後のテストでレッドブルをドライブしており、シンガポールと日本GPではリザーブを務めていた。昨年のフォーミュラ・ルノー3.5シリーズではトロ・ロッソドライバーのカルロス・サインツに続くランキング2位でシーズンを終えており、今季GP2シリーズでは3回表彰台に上がっている。

レッドブルのリザーブはこれまでセバスチャン・ブエミが務めていたが、残るレースは19歳のガスリーがダニエル・リカルドとダニール・クビアトの代役として袖控えることになる。

ガスリーは自らの『Twitter(ツイッター)』アカウントでリザーブ就任を報告した。

「残りのシーズンで@redbullracingのリザーブドライバーに決まってうれしいよ。ベストを出そう! 僕のゴールに向けて頑張り続けるよ」

© ESPN Sports Media Ltd.