Red Bull

/ News

  • レッドブル

リカルド、侵入者にやり場のない怒り

Me
2015年9月21日 « フェルスタッペンの判断を支持するトロ・ロッソ | セーフティカーが"すべての答え"とベッテル »
© Sutton Images
拡大

シンガポールGP中にサーキットを横切り、セーフティカーを出動させた侵入者のせいで、ダニエル・リカルドは勝利のチャンスを失ったと考えている。

レースを通して元チームメイトのセバスチャン・ベッテルの後ろを走り続けたリカルドは、レッドブルに再びポディウムをプレゼントしている。レースは2度のセーフティカーが出るドラマチックな展開で、2回目の原因を作ったのは37周目にエスプラネードブリッジ上を男が歩いていたためだった。

どちらのセーフティカーもスティントの終盤に出動しており、リカルドはベッテルに対するリードを縮め始めたところだった。第2スティントはベッテルがレースペースをコントロールしたため、2人のギャップは小さなものだった。ベッテルをアンダーカットしようともくろんでいたリカルドの望みは、2回目のセーフティカーで事実上絶たれてしまった。

セーフティカーピリオドについて聞かれ、リカルドは答えた。「あれがレースを決めたと思うよ、本当に。保証があるとは言わないけど、最初のスティントで僕らはすごくいい感じだった――セブはDRSから逃れるためにかなりハードにプッシュしたのは明らかだ。でも、周回が進んで僕らも息を吹き返していた。僕はタイヤについて理解を深め、使いこなせるようになってきたんだ」

「セーフティカーが出たのを見た時はいらっとしたよ。でも、もう1回同じことを再現するチャンスがあるのは分かっていた。セブはどうやら最初のスティントから少し学んだみたいで、最初は少しイージーに、それから一気に突き放し始めた。ラップが進むと僕はスーパーソフトタイヤをもっとうまく使えるようになって、接近できた。そしたらまたセーフティカーだよ――コースに現れた人のおかげでね。感謝するよ!」

2回目のセーフティカーピリオドでドライバーたちは最終スティントのためにプライム(ソフト)タイヤにスイッチしており、これでリカルドは勝利のチャンスを完全に奪われたという。

「それもそうだし、プライムで終わってしまった。ここはオーバーテイクが難しいからね。僕らはできるだけのことをやろうとした。週末のペースを証明するために最後はファステストラップを取った――それは誇りに思うよ。またポディウムに上がれてうれしい。チームの役に立てて良かったよ」

© ESPN Sports Media Ltd.