Red Bull

/ News

© Sutton Images
拡大

スロースタートを切ったレッドブルで今年にデビューしたダニール・クビアトだが、ハンガリーGPでの初表彰台がチームで果たしてきた成長を示しているとレッドブル代表のクリスチャン・ホーナーは言う。

ドラマティックな展開になったハンガリーGPで2位フィニッシュを果たしたクビアトだが、レースの最初のコーナーでタイヤにフラットスポットを作ってしまったためにこの結果が可能だとは思っていなかったという。セバスチャン・ベッテルの後任として今季のレッドブルに加入したクビアトは新チームでスロースタートを切っていたが、ホーナーはモナコGPでの4位が転換点だったと見ている。

「モナコGP以来、彼はどんどん成長していると本当に感じている。今日はとても良い仕事をしたと思うし、初の表彰台にふさわしい。彼はまた新たな項目をクリアし、そこから自信を深めるだろう。彼にとってこれは上昇する道筋の一部であり、とてもよい成長を見せた」

チームメイトのダニエル・リカルド(レッドブル)が勝利を狙った結果としてニコ・ロズベルグ(メルセデス)と接触したため、クビアトはハンガリーの表彰台でリカルドの上の段に上っている。

夏休みを前にホーナーはドライバーたちへ前半戦の通信簿を出すよう請われ、こう語った。

「リカルドの前半戦の成績はAプラスだ。正直、ダニール・クビアトはもう少しルールブックに注意を向ける必要があるものの、彼もそこに近づきつつある! スローな感のあるスタートを切ったものの、それはまったく彼の誤りではない。最初のグランプリを逃したが、多くの信頼性トラブルやミスがあった」

「実際よりももっと多くを飲み込めたかもしれないし、彼はそこから巻き返し、自分自信で進んでいる。初めての休みに入る彼に、とてもポジティブな評価をしたい」

© ESPN Sports Media Ltd.