Red Bull

/ News

© Sutton Images
拡大

レッドブルが2016年のフェラーリのドライバー候補からダニエル・リカルドを完全に除外した。

キミ・ライコネンの後任として名前がささやかれているリカルドは、カナダGPでレッドブルに対するフラストレーションが高まっていることを認め、フェラーリ入りのうわさに火をつけた。

「自分のキャリアのために、周囲で何が起きているのかを知る必要がある」と彼は述べた。「僕はチャンピオンになり損ねた1人にはなりたくない」

しかし、チーム代表のクリスチャン・ホーナーは25歳のドライバーとの"長期"契約があるとして、今年末でリカルドを失う可能性を否定した。

さらに、レッドブルドライバープログラムの責任者であるヘルムート・マルコ博士が『Sport Bild(シュポルト・ビルド)』にこう語った。「ダニエルにはわれわれとの鉄壁の契約がある」

リカルド離脱といううわさは"根も葉もないもの"だと彼は述べた。

「彼は2016年も間違いなくわれわれといる」とマルコは断言した。

リカルド自身も2016年はレッドブルとの契約があると認めている。

「僕は来年もここにいるし、その展開を見守りたい」と彼は先週のカナダで『Telegraph(テレグラフ)』に述べた。

© ESPN Sports Media Ltd.