Red Bull

/ News

© Sutton Images
拡大

レッドブルのダニエル・リカルドがRB11にはルノー製パワーユニットと同程度の不足があると述べていたが、チームを率いるクリスチャン・ホーナーはシャシーを擁護している。

初勝利の地を再訪しながらも厳しい週末を送ったリカルドは、予選9番手、決勝13位というリザルトをチームと自身にとって2015年の"最低記録"と位置づけた。土曜日、"イライラ"したリカルドは、高速のジル・ビルヌーブ・サーキットで競争力が足りなかったのはパワーユニットと同じくらいシャシーにも責任があるとほのめかしていた。

しかしながら、ホーナーはレッドブルのシャシーを擁護し、問題の大部分はルノー・エンジンからくるという見解を繰り返している。

「われわれの遅れは80から85%がパワーユニットで、15から20%がシャシーだと言えよう。われわれが取り組み改善しようとしているシャシーのいくつかの特性があるが、悪循環になりそうな傾向がある」

2014年にモントリオールを含め3勝を果たしたリカルドのようにコンペティティブなレーサーが、落胆のシーズンの最中にあってネガティブなコメントをするのはごく自然なことだとホーナーは話した。

「彼のコメントにはちょっとしたフラストレーションがあったと思う。昨年を見れば特にここへの期待は高く、彼は自分のパフォーマンスや予選でチームメイトに負けたことに不満があった。われわれはシャシーを進歩させており、マレーシアより以降、そして各グランプリに開発を持ち込んでシャシーを改良している。一年を通してさらなる開発が投入される見込みだ」

「われわれには昨年のクルマと比べて低速コーナーにまだ弱点があると思う。ノーズのルール変更がこのエリアでわれわれに影響したと思うが、今は皆がそれをしっかり把握したとだろうし、これから数レースでシャシーはさらに前進していくはず。2週間毎にマシンにアップグレードをもたらし、さらなるパフォーマンスをもたらすのは良いことだが、エンジンはすべてにもっと長いリードタイムが必要だ」

カナダでまたもメルセデスと他の陣営のエンジン差が露呈したか聞かれたホーナーは「大差だよ!」と答えた。

「フォース・インディアとロータスはおそらくメルボルン以来(レッドブルの前に)いなかったと思うが、今回のレースは別だった。ここではパワーユニットの影響が他のどこよりも強調され、残念ながら次戦オーストリアも、多分カレンダーでパワー依存が最も大きいサーキットだ」

© ESPN Sports Media Ltd.