Red Bull

/ News

  • レッドブル

マルコ博士、ベッテルに賭けて5万円をゲット

M.S.
2015年3月30日 « エクレストン、「女性限定シリーズはF1にとって良案」 | 新契約は今週中とハミルトン »
2014年、今より満足(ただし片方にとって)だった頃のマルコ博士とベッテル © Getty Images
拡大

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコ博士が、400ユーロ(約5万2,000円)を稼いでセパンを後にした。マレーシアGP決勝でフェラーリのセバスチャン・ベッテルが優勝すると賭けたのだ。

マルコ博士はパドック内部の賭けでベッテルの勝利に私費を投じた。ベッテルは昨年末にチーム去ったものの、レッドブルが擁する若手育成プログラムが輩出した中で最も成功を収めたドライバーであることに変わりはない。ドイツ『Sport Bild(シュポルト・ビルド)』はマルコ博士が週末のかなり早い段階からベッテルの勝利を信じていたと伝えている。

「セバスチャンにはやれると分かっていた。それは早くも金曜日の時点で見て取れた」とマルコ博士は語った。

ベッテルが優勝を決めた一方で、レッドブルは競争力のないルノー製パワーユニットやブレーキの問題に苦しんでいる。それが、マルコが現在のレッドブルコンビであるダニエル・リカルドとダニール・クビアトに賭けなかった理由を説明することだろう。リカルドは昨シーズンに3勝を上げていた。対してレッドブルでのラストイヤーだった昨年に1勝もできなかったベッテルだが、その能力への信頼を失わなかった理由をマルコはこう説明している。

「彼が1年でドライブの仕方を忘れてしまったわけではない。ただ、彼が必要なようにわれわれのマシンをドライブできなかっただけだ。多くの人々が、彼に4度のタイトルを授けられるのはわれわれのマシンだけではないことを実感するだろう」

また、マルコはレッドブルがベッテルのテクニカルインプットをすでに恋しく思っている様子をちらつかせた。

「今日、われわれはブレーキに甚大な問題を抱えた。セバスチャンが去ってからわれわれは彼が決して好まなかったマニュファクチャラーに変えたのだが、もう元に戻すだろう」

© ESPN Sports Media Ltd.