Red Bull

/ News

  • レッドブル

リカルド、メルセデスは「異次元」

Jim
2015年3月1日 « アロンソの状態は「まもなく」分かるとブーリエ | ドイツGP救済の"手助け"を申し出るメルセデス »
© Sutton Images
拡大
関連リンク

2015年シーズンのタイトル争いに名乗りを上げていたはずのダニエル・リカルド(レッドブル)は今や自信を持って「メルボルンのフロントローにはメルセデスの2台が並ぶだろう」と語る。

バルセロナテスト最終日の3月1日にはマシンデザイナーのエイドリアン・ニューイが現場に駆けつけるとの情報がもたらされ、レッドブルはメルボルン仕様のRB11の仕上げにかかっているようだ。

しかし、2014年に唯一メルセデスドライバー以外で優勝した経験を持つリカルドは少なくとも序盤戦でRB11がメルセデスの競争相手になるとは考えていないと言い、「彼らは異次元にいる」とコメント。

リカルドは2015年型マシンが旧型車よりも優れていると述べ、ルノーエンジンが力を向上させたことも相まってドライバビリティの問題は改善されていると語りつつも「でもこの作業を続けていかなきゃいけない」と続けた。

メルセデスが先頭に立つとして、その後方には「フェラーリ、ウィリアムズ、僕たち」が続くというのがリカルドの予想だ。

27日(金)にニコ・ロズベルグ(メルセデス)が示したペースはパドックを呆然とさせるに十分だった。さらに土曜日にはチームメイトのルイス・ハミルトンも最速タイムを刻んでいる。

ウィリアムズのテクニカルディレクターであるパット・シモンズは『Speed Week(スピード・ウイーク)』にこう話す。

「他の多くの人たちと同様に、金曜日のラップタイムには驚いた。メルセデスの良さについてはそれぞれにアイデアがあるだろうと思う。あれはものすごかった。彼らに続くのは私たち、フェラーリ、レッドブルだと思う。パフォーマンス的には私たちがお互いにかなり接近しているのではないだろうか」

メルボルンでどのチームが2番目にゴールするのか、その疑問は2週間後に答えが出るだろう。そして、メルセデスとライバル勢のギャップの大きさもシーズンが始まれば見えてくるはずだ。

レッドブルを率いるクリスチャン・ホーナーはフィンランドのテレビ局『MTV3』に「問題はメルセデスが何をやったかを知ることではない。彼らが冬の間もゆっくりのんびりしていたわけでないことは分かっている。彼らがメルボルンでさらに50馬力を得たとすれば、われわれ全員が厄介なことになる」とコメントした。

© ESPN Sports Media Ltd.