Red Bull

/ News

  • レッドブル

疑問符に隠れたレッドブルの実力

M.S.
2015年2月11日 « フェルスタッペン、「準備の整ったティーンもいる」 | アロンソ、脱税疑惑に訴えの構え »
タイム的には目立たなかったレッドブル © Sutton Images
拡大

新シーズンの幕開けを前に、2014年にランキング2位だったレッドブルに大きな疑問符がついている。

メルセデスがライバルを圧倒した昨年に、それ以外のチームで勝利できたのはレッドブルのダニエル・リカルドのみだった。

しかし、2015年最初の公式テストが終わり、ヘレスの4日間を総合したリカルドのベストタイムは全体の12番手だった。

リカルドの新チームメイトになるダニール・クビアトはさらにふるわない結果だった。

信頼性もヘレスにおけるレッドブルの弱点で、遅れてテストに参加したロータスに周回数で抜かれている。また、リカルドとクビアトが合わせて166周したのに対し、メルセデスは516周を走破した。

ウィリアムズのパット・シモンズはドイツ『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』に、今もメルセデスがナンバー1で、ウィリアムズとフェラーリが互角の2番手だと語っていた。

シモンズが認める大きな不確定要素がレッドブルだ。

「彼らの走行距離があまりに少ないので、判断は難しい。われわれ(ウィリアムズ)は望む場所にいる。当然、ライバルたちが何をしているかはまったく分からないが、メルセデスはハンドブレーキを引いているように見える」

「そして、フェラーリは良い飛躍をしたようだ」とシモンズは付け加えた。

© ESPN Sports Media Ltd.