Red Bull

/ News

  • レッドブル

マックス・フェルスタッペンがレッドブルジュニアに

M.S.
2014年8月13日 « 「アロンソがフェラーリを生かしている」とアンドレッティ | チームの変化に達観の可夢偉 »
© Red Bull Content Pool
拡大

元F1ドライバーのヨス・フェルスタッペンを父とするマックス・フェルスタッペンがレッドブルのジュニアチームに加わった。

高い評価を受ける16歳のマックスは、ヨーロッパF3選手権で2年目を送っている。ここ数週間でメルセデスのドライバープログラムと結びつけるうわさが出ていたが、レッドブルと契約したことが12日(火)に発表された。声明には次のようにある。

「われわれはマックス・フェルスタッペンがレッドブル・ジュニアチームへの誘いを受け入れたと発表することに大きな喜びを感じている。これは即時に有効であり、16歳でオランダ出身の彼は、今週末にニュルブルクリンクで開催されるFIAフォーミュラ3ヨーロッパ選手権に、レッドブルジュニアとしてファン・アメルスフールト・レーシング・チームから参戦を続ける、また、11月のマカオGPでも戦うことだろう」

マックスは今季のヨーロッパF3選手権で6連勝を達成しており、その際はスパ・フランコルシャンとノリスリンクで開催された各3レースのすべてで優勝。早くも来季にF1昇格との見方があるが、フォーミュラ・ルノー3.5を通してのキャリアを進めていく可能性が高そうだ。

レッドブル・ジュニアチームにはフォーミュラ・ルノー3.5のチャンピオンシップリーダーであるカルロス・サインツJr.をはじめ、GP3シリーズリーダーのアレックス・リン、フォーミュラ・ルノー3.5で現在ランキング3位のピエール・ガスリーらがいる。

© ESPN Sports Media Ltd.