Red Bull

/ News

  • レッドブル

リカルドの才能は明らかだったとコレス

M.S.
2014年5月23日 « ベッテル、「ポールはまだ遠い」 | 初日にうれしい驚きがあったとハミルトン »
リカルドの最初のボスだったコレス © Sutton Images
拡大

クリスチャン・ホーナー、ディートリッヒ・マテシッツ、ヘルムート・マルコらレッドブル首脳陣は口をそろえて今季のダニエル・リカルドのペースに"驚いた"と言う。

それはおそらく、チームに新加入したリカルドの走りが、4度の王者であるセバスチャン・ベッテルが達成してきたものをくすませているからだろう。

リカルドがF1で最初に仕事を共にしたボスであるコリン・コレス博士は、レッドブル首脳陣とは対照的にまったく驚いていないと主張した。

ベッテルのこともF3時代からよく知っていたコレスは、レッドブルの支援を得て2011年に今はなきHRTチームからリカルドをデビューさせた。

「セバスチャンはその年齢にもかかわらずきわめて経験豊富だ。しかし、ダニエルにも高い才能がある」とコレスはドイツ『Die Welt(ディー・ヴェルト)』紙に語っている。

「セバスチャンには4度のチャンピオンとしてより多くのプレッシャー、勝利への義務がのしかかっている。一方のダニエルは自制して真剣に取り組みながらも、完全にリラックスしている。それがセバスチャンに対するかなり大きなアドバンテージになっている」

「最初にダニエルがレッドブルでドライブすると聞いたときから、このシナリオは完全にクリアだった。すでに言ったように私は両ドライバーを知っており、ダニエルは少なくとも高いレベルでベッテルに並んでいる。だから、私にとっては今起こっていることは何ら驚きではなかった」

「2人ともとても才能があり、統制がとれていると同時にアグレッシブ。2人はミハエル・シューマッハ、ライコネン、アロンソ(共にフェラーリ)に次ぐ新世代だ。だが、ダニエルはそのキャラクターと置かれた状況により、これらのマシンや新しいレギュレーションに対して完全に気楽でいられる。それが彼の最大の利点だ」

「彼がHRTにいたとき、私には彼に天性の才能があるのが分かった。本当に卓越したドライバーだ。当時は私以外にはほとんど誰一人として気づいていなかったが、私にとって彼は将来のチャンピオンだ」

「F1にいる者は誰もHRTのようなチームに敬意を払わない。したがって、ダニエルがいかに優れているかを知っていたのはわれわれ(HRT)とレッドブル、そして少数の関係者だけだった」

ベッテルが最終的にレッドブルでトップの地位を取り戻すか聞かれたコレスは、「誰にも分からない」と回答。

「それは彼にとって簡単ではないとしか言えない。そして、ダニエルは観衆と同じように楽しむだろう。彼(リカルド)はF1へのギフト。この対決は完全にオープンであり、きわめてエキサイティングだ」とコレスは続けた。

© ESPN Sports Media Ltd.