Red Bull

/ News

  • レッドブル

ベッテルが指示を拒んだ理由は「勘違い」

Jim
2014年4月20日 « 2014年第4戦ドライバーコメント決勝 | タイヤを温められなかったライコネン »
2レース続けてリカルドに道を譲るよう言われたベッテル © Getty Images
拡大

セバスチャン・ベッテルはダニエル・リカルドのピット戦略を勘違いしていたため、当初はレッドブルの要請を拒んでしまったのだと明かした。

中国GP決勝レースの24周目、リカルドがベッテルに近づく中、レッドブルのピットウオールはベッテルに対してチームメイトに道を譲るようメッセージを送るも、ベッテルはそれに答えず、もう一台が履くタイヤはどちらかと聞くにとどめた。その後、レースエンジニアのギヨーム・ロケリンからリカルドが同じプライムタイヤを履いているものの、ピットストップはリカルドの方が後だったと聞いたベッテルは「それは残念」と返答。

ピットオールから二度目の無線が入ったときには2台のピット戦略が異なっていることを説明され、ベッテルは1周後のターン1でリカルドを先に行かせている。

戦略の説明を受けてからは喜んで道を開けたと言うベッテルは実際のところを質問され、「あれ以上、彼を抑えておくことに何の意味もなかったからね。彼の方がかなり速かった。あの当時、僕たちは戦略が違っていたし、それを聞かされたから彼を先に行かせようと決めたんだ。終盤にかけて彼を抑えることはできなかったなと気づいた」と述べた。

「だってその方が道理にかなっていると思ったんだ。僕は速さが足りなかったし。チームという意味ではあの時点でダニエルをプッシュしてフェルナンド(アロンソ/フェラーリ)を手こずらせる、それが優先だったと思うし、正解だったとも思う。うまくはいかなかったけど。今日は彼の方が速かったのはわりと明白だったと思うよ」

中国で何がうまくいかなかったのかと問われたベッテルは「さあね。第1スティントは問題なかったように思うけど、プライムを履いた最終スティントがとにかく遅かった」と答えている。

最終的にベッテル自身も2ストップ戦略に切り替えているが、リカルドには20秒以上遅れてゴールした。ベッテルがリカルドに道を譲るよう指示されたのはこの2戦で二度目にもかかわらず、ベッテルはチームメイトの現在の調子に怖気づいていないと主張する。

「ダニエルがマシンとうまくやれているのも、その力を最大に引き出していることもいいことだと思っている。今はギャップがかなり大きく、それについては取り組んでいかないといけない。ダニエルは今の僕が引き出しているよりも多くの力がマシンにあることを示している」

「マシンに問題があったとは思っていない。今はとにかく彼の方が僕よりもマシンの力を引き出せているような気がする。とにかく差が大きすぎるから、いろいろ調べて作業を続けていかなきゃね」

© ESPN Sports Media Ltd.