Red Bull

/ News

  • レッドブル

ベッテル、メルボルンのペースに驚き

M.S.
2014年3月25日 « ライバルへの公的資金停止を求めるシルバーストーン | シーズン中テスト参加を目指すシロトキン »
厳しいシーズンスタートにも意気揚々としたベッテル © Sutton Images
拡大

ワールドチャンピオンのセバスチャン・ベッテルは開幕戦でレッドブルが見せた競争力に驚いたと話した。

チーム代表のクリスチャン・ホーナーは今週、RB10が悲惨な冬を過ごしたにもかかわらずメルボルンで示したパフォーマンスは衝撃ではなかったと述べている。

しかし、チームメイトのダニエル・リカルドが予選で2番手、決勝でも失格になるまでは同ポジションにつけたのを目にしたベッテルは驚いたと認めている。

「リザルトはそれほど驚きじゃなかった。サプライズだったのはマシンが速くて、僕らが前方で戦えるのを目にしたこと。ポテンシャルがある」とベッテルはドイツ『Bild am Sonntag(ビルド・アム・ゾンターク)』紙にコメントし、次のように付け加えた。

「だから、それが僕らに希望を与えてくれるし、僕が上機嫌でいられる理由さ」

4年連続で王座に輝いただけに、ベッテルにとってマレーシアへの旅はフラストレーションを感じさせるものではないかと『Bild(ビルド)』紙のレポーターであるニコラ・ポールは匂わせている。

だが、ベッテル本人は「僕は元気だよ! 今年は厳しくなるだろうって分かっていたけれど、それぞれのシーズンにアップダウンはあるもの。マシンについてはまだ学ぶべきことは多いけれど、うなだれるような理由はない」と主張した。

© ESPN Sports Media Ltd.