Red Bull

/ News

  • レッドブル

ベッテルのペースはもっと伸びるとウェバー

Jim
2013年11月16日 « 自信回復に努めるハミルトン | レッドブルを"イラつかせたい"とロズベルグ »
© Sutton Images
拡大

レッドブルのマーク・ウェバーいわく、US GP予選になれば相棒のセバスチャン・ベッテルがタイムシート上のアドバンテージをさらに拡大させるはずだと語った。

ウェバーはグランプリ初日に実施された2回目のフリー走行でベッテルに0.115秒差の2番手タイムを残したが、ベッテルはクリーンナップを走るまでに数周を要しており、その間にタイヤのベストコンディションを逃している。

先のアブダビGPでは予選でベッテルを上回ったにもかかわらず、ウェバーはアメリカで再現できるとは思っていないようだ。

「確かセブ(ベッテル)は4度目のアタックだったと思うから、タイヤの力を目いっぱい使えたわけじゃない。僕たちにとっては残念なことだけど彼にとっては幸いだね。今日もタイヤに関することが中心だったし、タイヤをどうやって機能させるかの作業に努めた。いつも通りの金曜日さ」

「明日もいけるなら(ポール争いに)からむつもり。確かにアブダビでの彼は満足していなかったけど、レースでは彼が僕らを粉砕した。僕もクリーンな土曜日と日曜日を過ごせるようがんばる。自分のためにもチームのためにもベストな結果をもたらしたい」

また、金曜日の走行中は感触がまだ完ぺきな状態ではなかったと言うウェバーは「マシンはまだすこぶるいい状態とは言えないし、まだやるべき作業があるけど、僕たちにとってはいつものことだし、夜を徹していくらかパフォーマンスを見いだしていく」と付け加えた。

© ESPN Sports Media Ltd.