Red Bull

/ News

  • ダニエル・リカルド

お尻が大きすぎたリカルド!?

Me
2013年8月29日 « ドメニカリの第一希望はマッサ | ブルツは今もウィリアムズに »
ヒップのサイズがRB10のフィッティングに問題をもたらしたと報じられたリカルド © Associated Press
拡大

2014年のシートがまだ発表されてもいないうちに、ダニエル・リカルドのレッドブルでのキャリアが思わぬ問題に直面している。

ドイツ誌『Speed Week(スピード・ウイーク)』とイタリア誌『Autosprint(オートスプリント)』は、リカルドが2014年スペックのRB10でシート合わせをするためにミルトン・キーンズを訪れたと報じている。

デザイナーのエイドリアン・ニューイはタイトなコックピットを作ることで知られており、新たなV6エンジンやERSレギュレーションが導入される2014年はパッケージングがさらに厳しくなると伝えられる。

同郷のマーク・ウェバーよりリカルドの方が身長はやや低いものの、ウェバーやワールドチャンピオンのセバスチャン・ベッテルと比べてもヒップがやや大きいという。

F1の伝説的ドライバー、ニキ・ラウダは、ほかにもリカルドとレッドブルの契約に問題点を見いだしている。

「新世代で最もポテンシャルを持っているドライバーはリカルドだ」とメルセデスの会長を務めるラウダは『Bild(ビルド)』のインタビューで語った。

「しかし、本当にそのポテンシャルが十分なものなのかどうかは誰も知らない。つまり、リスクがあるということだ」とラウダは述べた。

もう一つ、2014年にリスクを冒すかもしれないビッグチームがある。フェラーリだ。最近の報道によると、フェリペ・マッサに代わってニコ・ヒュルケンベルグを起用する話し合いが進んでいるという。

「ヒュルケンベルグは悪くない」とラウダは述べた。「だが彼にはもう1年必要だと私は考えている。そしてフェラーリは時間を無駄にできない」

もし自分がフェラーリのトップだったら、キミ・ライコネンと契約するとラウダは述べた。

「ちょうどルイス・ハミルトンがメルセデスでそうしたように、彼はチームに弾みをつけるだろう」とラウダ。

「フェラーリではルカ・ディ・モンテゼモーロがすべてを独断で決める。(ライコネンがチームメイトになることを)アロンソは絶対に気に入らないだろうが、フェラーリには問題がある。クルマが良くならない限り、アロンソが一日中文句を言い続けることだよ」

「私がモンテゼモーロだったらキミを選ぶね」とラウダは付け加えた。

最後に彼はメルセデスについて、ニコ・ロズベルグが2013年に新規加入したハミルトンに後れずついていっていることに驚かされたと述べた。

ハミルトンが2013年のタイトル争いに名乗りを上げたことは驚きかと尋ねると、ラウダはこう答えた。「いや、彼がチームに弾みをつけてくれることは分かっていた」

「私を驚かせたのは、ニコが彼に食らいついていったことだ。ニコの方が不運が多かったが、スピードに関して彼らは同じレベルだ」と彼は付け加えた。

© ESPN Sports Media Ltd.