Red Bull

/ News

  • レッドブル

デニスが指摘するレッドブルの問題

Jim
2010年3月22日 « 規約変更は"まだ必要なし"とバトン | メルセデスGP、新型フロントジャッキを投入 »

2010年シーズン開幕戦バーレーンGPでセバスチャン・ベッテルがペースダウンした原因をスパークプラグの故障と説明したレッドブルの主張をロン・デニスが疑っている。ベッテルはポールからスタートしたものの、最終的に4位でチェッカーを受けた。

当初はエギゾーストの問題が指摘されたものの、後にチームから発表された公式声明でスパークプラグの故障が原因だったと明かされている。

しかし、マクラーレンの元代表であるデニスはその説明に確信が持てない様子でこう述べた。

「ラップタイムが急速に落ちており、電子制御装置(ECU)が燃料を温存する保守的なプログラムに切り替わってしまったのかもしれない」

「レッドブルの問題は設計にある可能性がある。燃料タンクが小さすぎるのかもしれないし、彼らの予想よりも燃費が悪いのかもしれない」

© ESPN Sports Media Ltd.