Red Bull

/ News

  • クリスチャン・ホーナー

ホーナー、女王から勲章を授与

Me
2013年6月15日 « ピレリに非はないとエクレストン | ホセ・フロイラン・ゴンザレスが逝去 »
レッドブルが君臨する新時代をF1で築き上げたホーナー © Sutton Images
拡大
関連リンク

エリザベス女王の誕生日を祝して毎年発表される叙勲リストが明らかになり、クリスチャン・ホーナーが大英帝国勲章第4位(OBE)を授けられた。モータスポーツへの貢献をたたえての受勲だ。

レッドブルの代表者を務めるホーナーはチームを3年連続ダブルチャンピオンに導いたことだけでなく、ジュニアカテゴリーでのアーデンチーム時代の初期の功績も評価された。昨年初めにエイドリアン・ニューイも同じOBEを受賞しており、レッドブルチームメンバーとしては2人目となる。

知らせに"とても驚いた"というホーナーは勲章を授けられたことについて"非常に光栄"とコメント。

「すべてが少しばかり予想外だよ」というホーナー。「本当に信じられなくて、驚いてしまっているけれど、とにかく受賞はとても光栄で名誉なことだと感じている。国のためにこれほどの偉業を成し遂げた人々のいる企業で働けることは、とても、とても特別なことだ」

「これはモータースポーツでの私の業績が評価されたということ。リストを見れば、異なる産業、慈善事業、コミュニティにおいて立派な役割を果たしてきた人々ばかり。大変光栄に思う」

© ESPN Sports Media Ltd.