Red Bull

/ News

  • マーク・ウェバー

1年ぶりの勝利を狙うウェバー

Me
2013年6月14日 « "奇跡"でさえも救えないとペレス | ロズベルグの"驚異的"ペース »
ウェバー、シルバーストーンで1年ぶりの勝利なるか? © Sutton Images
拡大

ほぼ1年勝利から遠ざかってしまっているマーク・ウェバーだが、その最後の勝利を収めたイギリスではクリアな週末を過ごして悪い流れを断ち切りたいと考えている。

来年以降の去就がはっきりしていないウェバーは過去3年のシルバーストーンで2勝を挙げている。だが昨年のイギリスGP以降は一度も勝っていない。

その間、彼のチームメイトで連続王者のセバスチャン・ベッテルは今季すでに3勝している。

「そろそろ僕にも勝ちが必要だ」と8月に37歳になるウェバーはブラジル『Totalrace(トータルレース)』に述べた。

「とにかく週末全体がほころびなく進んでほしい」と彼は付け加えた。

彼の弱点とされるレーススタートについては、2013年はかなり改善しているという。

「スタートはとても良くなってきている。そのエリアに関してはチームに感謝したい。でも常にほかにも改善できるエリアはあるものだけどね」と彼は述べた。

一方、2人の元F1ドライバーがレッドブルでのウェバーの後継者として、キミ・ライコネンの名を挙げた。

「ああ、私はキミが好きだよ」とゲルハルト・ベルガーは『Osterreich(エスターライヒ)』に語った。

「彼は誰よりもクールだし、昨年の強いカムバックには驚かされた。彼はいい選択肢だ」とベルガーは付け加えた。

フィンランド放送局『MTV3』に勤めるミカ・サロも同意する。「ライコネンについてはいろいろなうわさがある。でも彼がレッドブルに行くことは理にかなっていると思う」

「ラリーやモトクロスなど、彼のほかの趣味を補えると思うけど、彼がどう判断するかは予想できない」

「間違いなく、多くの候補者の中でキミは最も望ましい選択肢だよ」とサロは付け加えた。

© ESPN Sports Media Ltd.