Red Bull

/ ドライバー

/ アレックス・アルボン

アレックス・アルボン  タイ

  • 氏名 アレックス・アルボン
  • 生年月日 1996年3月23日
  • 出身地 イギリス・ロンドン
  • 年齢 24歳138日
  • 現所属チーム レッドブル
  • 過去の在籍チーム アルファ・タウリ
F1キャリア / 戦績
Year Car Race Start Won Pod Class Best Pole Front Best Lap Hat Pts Pos
Total 6 6 0 0 5 4 0 0 4 0 0 34
グランプリ サーキット 開催日
デビュー戦 ブラジルGP インテルラゴス 2019年11月17日 レース結果
ラストレース イギリスGP シルバーストーン 2020年8月2日 レース結果
プロフィール

アレックス・アルボンは1996年3月23日、ロンドンで元レーシングドライバーのイギリス人の父親とタイ人の母親のもとに生まれる。イギリスで生まれ育つも国籍はタイである。2005年、8歳の時にホンダ・カデットクラスからカートレースを始める。2006年から2011年まで、参加した選手権全てにおいてトップ3以上の成績を残し注目を集める。この頃シャルル・ルクレールやマックス・フェルスタッペンと争ったことがある。2008年からレッドブル・ジュニアチームに参加。2012年からシングルシーターへ移る。2014年のフォーミュラ・ルノー2.0ユーロカップでランキング3位、2016年のGP3ではルクレールに次いでランキング2位の成績を残す。2018年はFIA F2選手権に参戦し、優勝4回、表彰台7回、ポールポジション3回を獲得し、ランキング3位でシーズンを終えた。

2018年11月、トロ・ロッソから2019年シーズンのレギュラードライバーとして起用されることが発表された。なお、アルボンは1950年代に活躍したプリンス・ビラ以来、2人目のタイ人F1ドライバーとなる。

2019年、F1デビューレースとなった開幕戦オーストラリアGPでアルボンは予選13番手、決勝14位に終わったものの、続く第2戦バーレーンGPでは9位でチェッカーを受け2レース目にして初入賞を果たす。第3戦中国GPでは予選でクラッシュし最後尾からのスタートだったが、1ストップ戦略を成功させ10位までカムバックして入賞。第11戦ドイツGPはF1で初めて経験するウエットコンディションながら落ち着いた走りを見せ6位入賞する。シーズンが夏休みに入った数日後、アルボンにビッグニュースが舞い込んだ。レッドブルはガスリーが期待通りの結果を出せなかったため、トロ・ロッソのアルボンと交代させることを決定したのだ。シニアチームで最初のレースとなった第13戦ベルギーGPでは、エンジン交換によるペナルティで17番手からのスタートだったが、次々にオーバーテイクを決め5位でフィニッシュした。また、ピットレーンからのスタートとなった第16戦ロシアGPでも5位まで追い上げている。第20戦ブラジルGPでは、残り2ラップというところで2番手を走り表彰台が目前だったが、ハミルトン(メルセデス)に接触され下位に沈んだ。このブラジルGPを例外として、レッドブルに来てからのアルボンは予選位置にかかわらず6位以上で完走しており、新人ながら安定した速さを見せた。この働きが評価され、11月にレッドブルは2020年もアルボンを起用することを発表し、チーム代表のホーナーは「粘り強くてすさまじく献身的なレーサー」とアルボンを評した。

ノート

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2020年8月7日

ドライビングに集中するアルボン

2020年8月7日

必死にペースアップを図るアルボン

2020年8月6日

パドックを移動するアルボン

     

関連画像リスト

このページのトップへ上へ