On This Day

/ 12月

  • 王者クラークが最多勝の新記録を樹立

今日は何の日:12月28日

1963年イギリスGPを制したジム・クラーク © Getty Images
拡大

【1896年】

1950年から1952年にかけて12回のグランプリに出走したフィリップ・エタンセランがフランス・ルーアンに生誕。ほぼすべてのレースでタルボ・ラーゴをドライブしているが、フランスでのラストレースではマセラティA6 GCMを駆っている。

【1909年】

デビッド・マレーがスコットランド・エディンバラに生を享ける。1950年から1952年までに4レースを戦ったものの、完走したレースは一度もない。イギリスで財政的なトラブルに直面したが、カナリー諸島への移住によって免れた。1973年に自動車事故で亡くなった。

【1939年】

スウェーデンのアリングスオースにコニー・アンダーソンが生まれる。5レースにエントリーするも予選を通過したのは最後の一戦となった1976年オランダGPだけ。しかも、エンジントラブルにより23周を走ってリタイアを喫した。

【1963年】

メキシコで前回のレースが行われてから2カ月後のこの日、シーズン最終戦が南アフリカのイースト・ロンドンで開催される。すでにチャンピオンシップはジム・クラークと所属チームのロータスが制していたが、彼はレースをやめなかった。ポールシッターの座を手に入れたクラークはレースでも楽勝の展開に持ち込む。全10戦が催された中で7勝目を挙げ、新記録を樹立。2位に入ったダン・ガーニーが自身、そしてブラバム・チームにとっても初めてとなるファステストラップを記録した。

【1983年】

エウジェン・シャブーがフランス・モンフェルメイユに誕生。F1キャリアでは1950年のベルギーGPとフランスGP、1951年フランスGPの計3戦に出走している。いずれのレースも4.5リッターのタルボ・ラーゴをドライブし、チャンピオンシップポイントを1点獲得した。

© ESPN Sports Media Ltd.
Close