モナコGP

/ News

© Peter Fox/Getty Images
拡大

モナコGPのオーガナイザーは新型コロナウイルスのパンデミックにより延期が決まったF1で最も有名なレースの2020年内の開催を断念したことを明かした。

19日(木)、F1は5月に予定されていたオランダ、スペイン、モナコの3グランプリを延期すると発表。その後、モナコ自動車クラブ(ACM)が2020年のモナコGPは開催されないと明かした。魅惑の街モンテカルロを舞台としたレースが行われないのは1954年以来、初めてのこと。

この日、モナコの君主であるアルブレヒト2世が新型コロナウイルス検査で陽性反応となったことが公表されており、それに続いてグランプリ開催を取りやめることが発表された。

ACMは声明の中で次のように述べている。

「世界規模のパンデミックであり、その進行が未知であること、また、2020年FIA F1世界選手権への影響が計り知れず、チームの参加が不確かであること、世界中のさまざまな政府によって取られる制限の度合いが異なること、モナコ公国にアクセスするための複数の国境に規制がかかっていること、関連するすべてのビジネスが抱えるプレッシャー、それらに携わるスタッフが必要な施設を保証することができず、イベントの成功に必要不可欠なボランティア(1,500人以上)の人員確保という観点から、現在の状況はもはや開催することができないことを意味している」

モナコ公国の市街地を生かして行われるストリートレースはその準備に数週間を要し、早ければ先週にもプロセスをスタートしなければならない状況だった。

© ESPN Sports Media Ltd.