モナコGP

/ News

  • モナコGP

モナコGPにアクションを期待するのはお門違いとブラウン

M.S.
2018年5月30日 « リカルド加入は想像できないとハミルトン | 罰金多発のモナコGP »
© Dan Istitene/Getty Images
拡大

F1のテクニカル部門を統率するロス・ブラウンはモナコGPへの批判に応じ、サーキットの特性上、このレースを他のグランプリと比べることはできないと語った。

モンテカルロ市街地サーキットを舞台とするモナコGPはF1シーズンの中でも最も華麗なレースだが、スリリングなスペクタルに発展することはほとんどない。これまでチャンピオンになった経験のあるルイス・ハミルトン(メルセデス)、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)、キミ・ライコネン(フェラーリ)らは、今年のモナコGPが近年のチャンピオンシップでも最も退屈なレースの一つだったと評している。

ハミルトンはモンテカルロ市街地サーキットとモナコGPの大ファンだということを強調しつつ、このイベントにふさわしいスペクタクルが見られるよう、レースフォーマットを見直すべきだと述べていた。一方、ブラウンはモナコで最も盛り上がるのは日曜日のメインイベントより前だと感じているという。

ブラウンは今週、プレスリリースにて「レースが退屈だというドライバーやF1関係者のコメントについては、たくさん聞いたし、読んできた。アクションに満ちているわけではないのは確かだし、タイヤがキーファクターとなればなおさらそうだろう。だが、モナコに数多のバトルやオーバーテイクを期待するのはちょっと無邪気すぎやしないだろうか?」とコメントした。

「土曜日に行われる予選の独特なスペクタルとは真逆だ。20人のドライバーが人類には信じられないほどのスピードでバリアをかすめる(ときにはぶつかる)というアクションにこれほど迫れる場所はここだけだ。われわれは3,337メートルのコースを71秒前後で走る者たちを十分に評価していないのかもしれない」

サーキットをいかに改善するかについてのドライバーからのフィードバックは歓迎しているブラウンだが、モナコは他の場所とは異なる見方をすべきだと考えている。

「モナコはスペシャルなレースであり、他と同じ基準でジャッジすべきではない。パドックや街の雰囲気、このイベントを取り巻く魅力が、このレースをユニークなものにしている。とはいえ、われわれがF1の未来に掲げている目標の一つは、新しいサーキットがより多くのオーバーテイクを可能にし、現行のサーキットが改善されるよう、プロモーターやすべての出資者たちと共に働くことだ」

「当然のこと、ドライバーの意見は歓迎だし、ドアは常に開かれている。しかしながら、モナコで何かをしたければ海をうめたてなければならないし、それは間違いなくわれわれのやることではない!」

© ESPN Sports Media Ltd.