モナコGP

/ News

  • モナコGP - ピレリ - 決勝

高温の路面も摩耗や劣化は低かったとピレリ

Me
2017年5月29日 « バトン、現代F1は「これぞF1」 | 初のダブル入賞を果たしたハースF1 »
© Glenn Dunbar/LAT/Sutton Images
拡大

28日(日)、モンテカルロ市街地サーキットで行われたシーズン第6戦モナコGP決勝レースは第1スティントを長めに取って猛チャージをかけたフェラーリのセバスチャン・ベッテルが逆転勝利を遂げた。

ポールシッターのキミ・ライコネンは35周目にユーズドのウルトラソフトから新品のスーパーソフトタイヤに履き替えたが、それより4周長く走ったベッテルがタイヤ交換を終えた時点でラップリーダーの座を奪っている。

同様に第2スティントの開始を遅らせたレッドブルのダニエル・リカルドが2台抜きを成功させて3位表彰台に上った。

マリオ・イゾラ(レーシングマネジャー)

「初めから1ストップ作戦が最適なのは明らかだったが、レースを通して見れば分かるように、ドライバーたちのストップのタイミングには幅広い可能性があった。モナコにしては路面温度がかなり高かったが、予想された通りタイヤの減りとデグラデーションは低く、ウルトラソフトでも長いスティントが可能だった。この大変特別なサーキットで歴史的な1-2を決めたフェラーリに祝福を」

© ESPN Sports Media Ltd.