モナコGP

/ News

  • モナコGP

ピレリ、モナコGPのタイヤ配分を発表

M.S.
2017年5月17日 « マッサを責める気はないとベッテル | 正面から見えなかったフォース・インディアのナンバー »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

ピレリがモナコGPでのドライバー別タイヤ配分を発表した。各陣営のタイヤ選択はウルトラソフトに大きく偏っている。

ピレリが決勝日用に選んだ2セットのタイヤ以外に各チームが自由にコンパウンドを選べるのは、今年はモナコが初のレースとなる。それ以前はピレリによって各ドライバーに最も柔らかいコンパウンドが7セット、2番目に柔らかいコンパウンドが5セット、最も硬いものが2セット配分されていた。

自由な選択が可能になったモナコGPではウルトラソフトが最も多く選ばれ、レッドブルとウィリアムズ、ルノー、そしてマクラーレンのジェンソン・バトンは決勝用に指定されたソフトとスーパーソフト各1セット以外の全てをウルトラソフトにつぎ込んでいる。

モナコGPはウルトラソフトタイヤとスーパーソフトタイヤの1ストップレースになると見られている。予選では全チームがウルトラソフトを選択することが見込まれ、ドライバーたちはフリー走行の大部分をこの重要なセッションに向けて優れたセットアップを探るために費やすだろう。

© ESPN Sports Media Ltd.