モナコGP

/ News

  • モナコGP

フェルスタッペンとナッサーはピットスタート

Jim
2016年5月29日 « ロズベルグ、モナコで狙うは優勝のみ | 「戦略がバラけたレースになった」とヘンベリー »
© Rubio/Sutton
拡大

レッドブルのマックス・フェルスタッペンとザウバーのフェリペ・ナッサーがモナコGP決勝レースをピットレーンからスタートすることになった。

ナッサーは予選Q1が始まってすぐにトラブルに見舞われ、フェルスタッペンはクラッシュを喫しており、どちらも予選タイムを残せておらず、スチュワードの判断で最後列からレースに参戦する予定だった。

レッドブルはスイミングプール区間でガードレールに激突したフェルスタッペンのサバイバルセルを交換したため、パルクフェルメルールに従って自動的にピットスタートとなる。

エンジントラブルを抱えたナッサーについては、ザウバーがエンジンの冷却ダクトとパネルを交換してサスペンションのセットアップ変更を可能にする道を選び、パルクフェルメルールを破ったことでピットスタートに変わった。

29日(日)は朝から雨が降ったり止んだりのモナコはウエットレースが見込まれており、モナコではドライレースでも第1コーナーまでに事故が多発するケースが多く、ピットレーンスタートのフェルスタッペンとナッサーはハプニング必至のサンデボーテに向かって隊列に合流することになる。

© ESPN Sports Media Ltd.