モナコGP

/ News

  • モナコGP - 決勝

混乱のレースを制したのはウェバー!

Kay Tanaka
2010年5月16日 « モナコでタイヤ問題は進展せず | ポイントリーダーになったウェバー »
スタートでレッドブルの1-2態勢に © Getty Images
拡大
関連リンク

16日(日)日本時間21時から2010年F1世界選手権第6戦モナコGP決勝レースが、モンテカルロ市街地サーキット(全長3.340km)で行われた。レース周回数は78周、レース距離260.520kmで争われた。

前日に行われた公式予選では、レッドブルのマーク・ウェバーが今シーズン3回目となる2戦連続のポールポジションを獲得。2番手にロバート・クビサ(ルノー)が飛び込み、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が3番手となった。モナコで通算5勝を挙げているミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)は7番手、初のモナコGPに挑んだ小林可夢偉(BMWザウバー)は16番手だった。一方、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)は土曜フリー走行でクラッシュを喫したため予選に出走できず、レースはピットレーンスタートになった。

レーススタート時のコンディションは晴れ、気温22℃、路面温度38℃。今週末のモナコGPにブリヂストンはスーパーソフトコンパウンド(オプション/ソフトタイヤ)とミディアムコンパウンド(プライム/ハードタイヤ)を持ち込んだ。アロンソを含め、ほとんどのドライバーがオプションタイヤを選択してスタートに臨んだ。

フォーメーションラップが終わり、各車グリッドへ。レッドシグナル点灯からブラックアウトでレーススタート! クビサが遅れてベッテルが2番手に浮上、ルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)が9番手から6番手に上がり、ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)がポジションを落とした。後方ではペドロ・デ・ラ・ロサと可夢偉のBMWザウバー勢が1つずつポジションアップ。

するとトンネルでニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)がクラッシュ! ラインを外してしまい、完全にコントロールを失ってウオールにヒットしてしまった。これでセーフティカーが導入され、このタイミングでアロンソがピットイン。この状態でレースを走り切る作戦を選んだ。

セーフティカー先導のまま3周目に入ったところで、11番手を走っていたジェンソン・バトン(マクラーレン)のマシンから白煙が上がり、ターン1でストップ。2009年のモナコ覇者であり、ドライバーズ選手権首位のバトンが序盤に姿を消すことになった。原因はエンジントラブルとみられる。

レースは7周目からリスタート。どのドライバーもポジションを守ったが、21番手のアロンソはカルン・チャンドック(HRT)を料理。その後、ルーカス・ディ・グラッシ(ヴァージン)に苦労したが、かつてのチームメイトであるヤルノ・トゥルーリ(ロータス)もかわして18番手で12周目に入った。

先頭のウェバーは11周目に1分18秒325というファステストラップをマークし、2番手ベッテルとのタイム差を3秒に広げた。さらに13周目には1分17秒979を刻み、ベッテルよりも1秒速いペースでギャップを5秒とした。後方ではアロンソがティモ・グロック(ヴァージン)に追いつき、15周目のヌーベルシケインでパス。17番手だ。

17周目の終わりにルイス・ハミルトン(マクラーレン)がピットに入ってプライムタイヤに交換、アロンソの前でコースに復帰した。19周目にはマッサ、バリチェロ、シューマッハ、ビタントニオ・リウッツィ(フォース・インディア)がピットイン。バリチェロに抑えられていたシューマッハはピットストップで逆転を果たしてコースに戻った。

20周を過ぎるとクビサに続いてベッテル、エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)、デ・ラ・ロサがピットイン。しかしデ・ラ・ロサは作業終了後に動き出すことができず、ガレージにマシンを収めてしまった。ウェバーもピットに入り、再び先頭でコースへ。ピットに入らずコース上でファステストラップを連続してたたき出していたロズベルグはウェバーに抑えられる状況になってしまった。

グロックやディ・グラッシにトラブルが発生した後、可夢偉がセクター1でストップ! ピットストップをせずポジションを上げていたが、どうやらトラブルに見舞われたようだ。

すると32周目にバリチェロがクラッシュ! ボー・リバージュでいきなりコントロールを乱してガードレールにヒットしたのだが、左リアタイヤのパンクチャーが原因と思われる。これで再びセーフティカー導入となった。この時点の順位はウェバー、ベッテル、クビサ、マッサ、ハミルトン、アロンソ、シューマッハ、ロズベルグ、スーティル、リウッツィ。ここまでがトップ10だ。

レースは34周目にリスタートしたが、再び大きなポジション変動はなし。39周目にはベッテルが1分17秒330というファステストラップをたたき出したが、首位を走るウェバーとのギャップは2.3秒だ。クビサも最速タイムを刻んだが、ウェバーは41周目に1分16秒828というファステストラップを刻み、ベッテルとのギャップを広げた。

44周目、ターン3で排水溝のフタが緩みセーフティカーが導入されたが、46周目にリスタート。順位の変動はないものの、マシン間の距離はぐっと縮まり、残り周回は30周ほどだ。その後はマシン間隔が広がり、ウェバーは53周目に1分15秒999というファステストラップをマークした。

その後もウェバーは安定したタイムを築き、2番手以下の差を広げた。71周目にはベッテルが1分15秒192というファステストラップをたたき出したが、すでにウェバーとの差は5秒となった。

しかしモナコのドラマは終わらない。75周目に14番手争いをしていたチャンドックとトゥルーリがラスカスでクラッシュ。チャンドックの頭上をトゥルーリのマシンが通過する危険なアクシデントとなり、76周目に4回目のセーフティカーが導入された。セーフティカー導入中にペトロフがピットでマシンを降りている。

セーフティカーはファイナルラップまで導入されたが、ラスカスにあるセーフティカーラインからフィニッシュラインまではレース再開。ウェバーがトップチェッカーを受けベッテル、クビサ、マッサ、ハミルトンが続いたが、シューマッハがセーフティカーラインを越えたところでアロンソに襲いかかり、最終コーナーでオーバーテイク! そのままフィニッシュラインを通過し、シューマッハが6位、アロンソが7位でゴール。ロズベルグが8位、スーティル9位、リウッツィ10位となった。

チェッカーを受けたのは12台だが、ペトロフ、チャンドック、トゥルーリは完走扱いとなりそれぞれ13位、14位、15位という結果になった。リタイアに終わったのは9台で、可夢偉はシーズン5回目のリタイア。チームメイトのデ・ラ・ロサやバトンも戦線を離脱している。

ファステストラップをたたき出したのはベッテルで、71周目に1分15秒192を刻んだ。

第7戦となるトルコGPは2週間後に開かれる。最初のセッションとなる木曜フリー走行1回目は28日(金)の日本時間16時からスタート予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.