モナコGP

/ News

  • モナコGP - 土曜フリー走行

クラッシュ続発、トップはまたもロズベルグ

M.S.
2013年5月25日
ここまでの全セッションを制しているロズベルグ © Getty Images
拡大

1日の休息日を終えた海沿いの街は再びサーキットへと姿を変え、25日(土)日本時間18時からモンテカルロ市街地サーキットにて2013年FIA F1世界選手権第6戦モナコGP土曜フリー走行が実施された。

木曜日に行われた初日のフリー走行では有力な優勝候補と見られるメルセデスが好スタートを切り、前半のセッションでは1分16秒195を計測したニコ・ロズベルグがトップ、僚友ルイス・ハミルトンが5番手に入った。

ロズベルグは後半のセッションでも1分14秒759の最速タイムをマークし、ハミルトンと共にメルセデス1-2態勢を築く。フェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサのフェラーリ勢が3番手と4番手に続いた。

土曜フリー走行スタート時の天候は晴れ、気温18度、路面温度29度のドライコンディション。ピットレーンオープンと同時にザウバーのニコ・ヒュルケンベルグをはじめ、各車が次々とコースへと飛び出していった。

1周のインストレーションラップを完了してピットへ引き上げるマシンが多い中、ザウバーのエステバン・グティレス(ザウバー)が1分20秒264をマークしたのを皮切りに少しずつペースを上げていった。そこにシャルル・ピックとギド・ヴァン・デル・ガルデのケータハムコンビが合流している。

序盤はそう活発な動きはないものの、次第にマシンの数は増えていき、開始から20分が過ぎたところで1分15秒791を刻んだベッテルがタイムシートの頂点へ。この頃には17名がタイムを残しており、ノータイムだったロマン・グロージャン(ロータス)とアロンソ、ハミルトンも始動。マッサは開始直後に1周を走ったきりまだコースに姿を見せていなかった。

開始から30分までに残るマッサもプログラムをスタートし、ベッテル、ロズベルグ、マーク・ウェバー(レッドブル)、パストール・マルドナド(ウィリアムズ)、アロンソが上位に並んだ状態でセッションは後半の30分を迎える。

コース上の全車がプライムのソフトコンパウンドを履いて周回を重ねていたが、程なくして作業を始めたばかりのマッサがタイヤをロックアップさせてターン1手前のガードレールに接触、そのままその先にあるウオールにクラッシュしてしまった。

マッサは無事の様子だがマシンのダメージは大きく、これを撤去するためにレッドフラッグが掲示される。フリー走行中はセッション時間のカウントが止まらないため、残り時間はじりじりと削られていった。残り25分の段階で出された赤旗は7分ほどで解除されている。

これを見て半数ほどのドライバーがコースへ向かうも、その直後にフォース・インディアのエイドリアン・スーティルがカジノスクエア周辺でリアのコントロールを失い、ガードレールにヒットしてしまった。

イエローフラッグが振られる中でスーティルの立ち去ったマシンが撤去され、程なくしてグリーンフラッグに変わる。残り時間わずかとなったコース上では、多くのマシンがスーパーソフトをチョイスして最後の作業へと繰り出した。

わずかなミスが命取りになるモナコ。チェッカーフラッグまで間もなくの段階でバリアの餌食になったのはロータスのロマン・グロージャンだった。ピットレーン出口からコースに合流しようとしていたハミルトンの横を通過したグロージャンは、サン・デボーテでマシンコントロールを失い、曲がりきれずにクラッシュを喫している。

ここで再びレッドフラッグが掲示され、セッションはそのまま終了となった。

最終的に、終盤に混み合うサーキットでタイム更新を果たしたロズベルグが3回目のフリー走行でもトップに立っている。ロズベルグのタイムは1分14秒378だった。クラッシュでセッションを終えたグロージャンが2番手に入っている。

以降、トップ10に名を連ねたのはベッテル、アロンソ、ハミルトン、ライコネン、ウェバー、ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)、パストール・マルドナド(ウィリアムズ)、ニコ・ヒュルケンベルグ(ザウバー)という面々だった。

モナコGP予選はこのあと日本時間21時スタート予定。お楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.