モンテカルロ市街地サーキット RSS


モナコ・モンテカルロ

  • サーキットタイプ Street
  • コース全長 3.340kms
  • コーナー数 19
  • 周回方向 時計回り
  • 観客収容人数 120,000
  • 設立年 1929 (first race)
モンテカルロ市街地サーキット
データ
レース 開催日 優勝
初開催 モナコGP 1950年5月21日 Juan Manuel Fangio (ARG) レース結果
ラストレース モナコGP 2013年5月26日 ニコ・ロズベルグ (GER) レース結果
グランプリ開催数 60
次回開催 モナコGP 2014年5月25日

このページのトップへ上へ

サーキット情報

おそらくF1カレンダーの中で最も有名かつ認識されているグランプリがモナコGPだろう。モナコ公国での初開催は1929年。第2次世界大戦ぼっ発による中断期間を経て、毎年行われている。初のF1世界選手権が実施された1950年シーズンは第2戦目を務め、1955年以降、その名がF1カレンダーから消えることはない。

モナコGPは技術的に難しいというだけでなく、そのたぐいまれな華やかさも手伝って、ドライバーたちにとっては"絶対に勝ちたい"レースでもある。モナコのコースは、モンテカルロ港の前の非常に狭い道に沿って造られている。

第1コーナーの"サント・デボート"をうねるように抜け、"カジノ・スクエア"に向かっていったん上り坂となり、"ミラボー"では下り坂となる。そしてコースは名所"ローズ・ヘアピン"へと続く。海辺に続くトンネル内ではエンジンの轟音がこだまする。モンテカルロはオーバーテイクの困難なコースのひとつとしても有名だ。

サーキットそのものに変化はないが、凄まじい難易度で知られた"ラスカス"は2003年の改修によってわずかに姿を変え、観客の収容人数増加がはかられた2004年に大幅な変更が施されている。

モンテカルロ市街地サーキットは言わずと知れた公道コース。グランプリ前には6週間をかけて臨時サーキットが建設され、閉幕後は3週間で撤去される。国王からトロフィーを受け取るため、他のサーキットで見られる"表彰台"はなく、上位3名は貴賓席にて表彰される。

1960年代にモナコで通算5勝を挙げたグラハム・ヒルがしばしば"Mr. モナコ"と呼ばれる。この記録は後に通算6勝を記録したアイルトン・セナによって打ち破られた。また、同じくモンテカルロで5勝したドライバーにミハエル・シューマッハがいる。

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2010年5月15日

モナコの街並み

2010年5月15日

モナコの街並み

2010年5月15日

港に停泊するヨットの前を通過するマッサ

2010年5月15日

モンテカルロ

        

関連画像リスト

このページのトップへ上へ