メキシコ

/ News

  • メキシコGP - 予選

リカルドがメガラップでポール奪取!

Jim
2018年10月28日
© Dan Istitene/Getty Images
拡大

現地時間28日(土)、2018年FIA F1世界選手権第19戦メキシコGP予選が実施され、レッドブルのダニエル・リカルドがポールポジションを獲得した。

メキシコではレッドブルのマックス・フェルスタッペンがすべてのフリー走行でトップタイムを刻んでいるが、予選前に行われた土曜フリー走行ではメルセデスのルイス・ハミルトンとフェラーリのセバスチャン・ベッテルがギャップを縮めてきている。

海抜2,250mの高地にあるアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスは空気が薄く、シャシーやパワーユニット、タイヤの使い方などさまざまな点で他のコースと異なる特殊なサーキットだ。メキシコシティにピレリが用意したドライタイヤはスーパーソフト、ウルトラソフト、ハイパーソフトの3種類。予選Q3用タイヤにはハイパーソフトが指定されている。

予選を前にグリッドペナルティを受けているのは先週末のUS GPで発生したインシデントのペナルティとしてメキシコで3グリッド降格処分を科せられたロマン・グロージャン(ハースF1)に加えて、最新スペックのパワーユニットを載せたトロ・ロッソのピエール・ガスリーだ。ガスリーは内燃機関(ICE)とターボチャージャー、MGU-Hがそれぞれ8基目に達し、合計15グリッド降格となった上、ギアボックスも新品と交換したため、追加で5グリッド、合計20グリッド降格ペナルティを受ける。

予選は曇り空の下、気温18.7度、路面温度25.4度、湿度18.7%のドライコンディションでスタート時刻を迎え、ピットレーンオープンと同時にガスリーがコースに向かい、土曜フリー走行でトラブルに見舞われたメルセデスのバルテリ・ボッタスが無事に修復作業を終えて始動した。その後ろに続いたハミルトンを含め、メルセデス勢がウルトラソフトタイヤを選んだ一方、ライバルたちはハイパーソフトでアタックラップに臨んでいる。

序盤のアタックが完了し、20名のタイムが出そろった時点でトップに立っていたのは好調レッドブルのフェルスタッペンだ。1分15秒756をマークしており、0.110秒差でチームメイトのリカルドが2番手に続いている。レッドブル勢と同じハイパーソフトでアタックしたフェラーリはベッテルが0.333秒差、US GPウイナーのキミ・ライコネンは0.690秒遅れた。

ウルトラソフトのメルセデス勢はハミルトンが0.711秒差の5番手に収まり、ボッタスはルノーのニコ・ヒュルケンベルグに次ぐ7番手の位置。ボッタスと0.042秒差の8番手にはトロ・ロッソのブレンドン・ハートレーが並んでいる。6番手以下はコンマ数秒差の接戦状態にあり、14番手にいたザウバーのマーカス・エリクソンまでが0.3秒以内のギャップで連なった。

Q1終盤にはメルセデスがハイパーソフトタイヤを投入し、ボッタスが1分15秒580を刻んでトップタイムを更新すると、ハミルトンも0.093秒差の好タイムを記録してレッドブルからタイムシート上位のスポットを奪っている。

18分間のQ1を終えて、16番手以下でノックアウトされたのはハースF1のロマン・グロージャンほか、ストフェル・バンドールン(マクラーレン)、マグヌッセン、ランス・ストロールとセルゲイ・シロトキンのウィリアムズ勢だった。

12番手でQ2進出を果たしたルノーのカルロス・サインツからグロージャンまでのギャップはわずかに0.098秒しかなく、中団グループの混戦ぶりはメキシコでも変わらない。

予選トップ10入りをかけて競い合ったQ2はメルセデス、レッドブル、フェラーリの上位3チームがウルトラソフトタイヤを選び、ルノーやザウバーはハイパーソフトを履いて出陣。フォース・インディアはセルジオ・ペレスとエステバン・オコンが共にスーパーソフトタイヤを履いてガレージを離れている。

最初のアタックでは1分15秒640を刻んだフェルスタッペンがトップに立ち、0.004秒差でハミルトンが2番手、3番手のベッテルもトップから0.075秒しか遅れておらず、5番手から6番手のオーダーもリカルド、ボッタス、ライコネンと、ややレッドブルが先行しているとはいえ、トップ3チームによる三つ巴(みつどもえ)の展開となった。

トップ6がウルトラソフトからハイパーソフトに履き替えてコースに向かった終盤、フォース・インディアはスーパーソフトからウルトラソフトに履き替えてアタックし、自己ベストは更新したものの、オコンもペレスもトップ10には食い込めていない。

結局、トップ10ドライバーの顔ぶれに変化はなく、11番手のオコンを含め、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)、ペレス、ハートレー、ノータイムだったガスリーがQ2で敗退している。

レッドブル、メルセデス、フェラーリンの各車はハイパーソフトで出陣したものの、Q2のベストタイムはいずれもウルトラソフトで残しており、1分15秒640をマークしたフェルスタッペンがQ2をトップで終えた。

12分間で争われたQ3はライコネンが先陣を切り、ルノーとザウバーの4人がユーズド、それ以外は新しいハイパーソフトのタイヤセットを装着してコースに入っている。

ベッテルが好ペースを見せて1分14秒台に入れ、ハミルトンとリカルドが100分の数秒差で後ろに続くも、フェルスタッペンが1分14秒785をたたき出して暫定ポールに躍り出る。Q3最初のアタックではフェルスタッペン、ベッテル、ハミルトン、リカルド、ボッタス、ライコネンのオーダーとなり、ザウバーのシャルル・ルクレール、ルノーの2台をはさんでマーカス・エリクソンが10番手につけた。

ラストアタックではライコネンやボッタスらがペースアップに苦戦する中、リカルドとハミルトンは順調にラップをスタートさせる。フェルスタッペンも好ペースを維持していたが、タイムを伸ばせず、最後に1分14秒759をたたき出したリカルドがポールポジションを奪取した。フェルスタッペンは0.026秒差で2番手に終わり、ハミルトンが0.135秒差の3番手につけている。

4番手にハミルトンとチャンピオンシップを争うベッテルが入り、ボッタス、ライコネンのトップ6に、ヒュルケンベルグが7番手、サインツ、ルクレール、エリクソンが10番手で予選を終えた。

メキシコGP決勝レースは日本時間29日(月)午前4時10分にスタートする予定だ。メキシコは10月28日(日)午前2時をもってサマータイムが終了し、冬時間に突入するため、日本との時差が14時間から15時間に変わる。

© ESPN Sports Media Ltd.