メキシコ

/ News

  • メキシコGP

ベッテルの暴言はチャンピオンにふさわしくないとマルコ

AI
2016年10月31日 « ウォルフ、ブラウンのF1復帰を「推薦してもいい」 | ベッテルの無線は「ちょっと行き過ぎ」とリカルド »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

フェラーリのセバスチャン・ベッテルをレッドブルのドライバープログラム時代から指導してきたヘルムート・マルコが、メキシコGP決勝で発された無線崩壊とも言えるベッテルのコメントを"4度のワールドチャンピオンにふさわしくない"と語った。

かつてレッドブルで4度のタイトルを獲得し、今はフェラーリに籍を置くベッテルは、決勝終盤でマックス・フェルスタッペン(レッドブル)の後ろにひっかかってしまった。フェルスタッペンは最近のマルコ期待のドライバーだ。ラスト3周でフェルスタッペンはコースの外に膨らんでしまうも、3番手のポジションに戻り、憤るベッテルにポジションを譲ることも拒否している。

ベッテルはフェルスタッペンの後ろを走り続け、さらにはもう1台のレッドブルを駆るダニエル・リカルドにも追い上げられてしまった。ラスト2周でリカルドがベッテルのインに飛び込み、2人は軽く接触している。

レース終了直後、ベッテルはチームとの無線通信でFIAのレースディレクター、チャーリー・ホワイティングに対しても"うせろ!"と2度も口にしていた。しかし、マルコはこれについて、グリッドで最も功績の高いドライバーとして許されないと思っているようだ。

「この状況は4度のワールドチャンピオンにふさわしくない。彼の言葉遣いは確かに一流ではなかった」と『Sky Sports(スカイ・スポーツ)』にマルコはコメントした。

フィニッシュラインを3位で通過したフェルスタッペンだったが、ホワイティングとスチュワードはレース後すぐに5秒のタイムペナルティを科している。なぜフェルスタッペンがペナルティを科されたのか、レッドブルには理解できないともマルコはつけ加えた。

「われわれは彼を支持する。この裁定を理解できない。彼らは異なる基準を使っており、これは良くないよ」

© ESPN Sports Media Ltd.
Close