メキシコ

/ News

  • US GP

ベッテル、10秒のタイムペナルティで5位に

M.S.
2016年10月31日 « エンジンのデチューンを強いられたアロンソ | 内部は緊迫していたとメルセデス »
© Stange/Sutton Images
拡大

ダニエル・ポジション(レッドブル)からポジションを守る際、ブレーキング中に動いたとスチュワードに判断されたフェラーリのセバスチャン・ベッテルが、メキシコGP決勝の結果で3位から5位に降格された。

ラスト2周のターン4でリカルドからの攻撃を受けたベッテルは、ブレーキングでインサイドにいるレッドブルを圧迫している。ブレーキをロックさせた2台のホイールは接触したものの、ベッテルはコーナー出口でポジションを維持し、どちらのマシンにも大きなダメージはなかった。

このインシデントの2周前のターン1ではベッテルがリカルドのチームメイトで3番手を走っていたマックス・フェルスタッペンを追い抜こうとしており、フェルスタッペンはターン2をカットしてこれを防いでいる。ベッテルは無線を通して荒い口調でフェルスタッペンがポジションを明け渡すべきだと主張していたが、フェルスタッペンはこれを拒否し、ベッテルの後ろにリカルドが迫る結果となった。

ターン2を通過しなかったフェルスタッペンにはレース後すぐにペナルティが科され、4位でフィニッシュしたベッテルが表彰台でトロフィーを受け取っている。そこからおよそ3時間後、スチュワードはリカルドに対する防戦に関してベッテルに10秒のタイムペナルティを発令した。その結果、ベッテルはレッドブル勢の後方である5位に下がり、リカルドが3位に浮上している。

ブレーキング中の動きについてのルールは、第17戦日本GPでルイス・ハミルトン(メルセデス)に対するフェルスタッペンの動きが問題になったのを受けて、US GPでFIAレースディレクターのチャーリー・ホワイティングによるグランプリノートに盛り込まれた。ベッテルはこの新ルールを歓迎していたドライバーの一人で、自身がF1に参戦していたときには"慣習"だったと振り返っていた。

FIAのリリースでは次のように述べられている。

「スチュワードはUS GPと本イベントで発行されたレースディレクターのグランプリノートに特別な注意を払った。F1コミッションは"ドライバーたちにレースさせる"よう指導しているものの、われわれはUS GPと本イベントのドライバーブリーフィングで表明されたブレーキング時の方向転換にかかわる動きに対する懸念に留意している」

「テレメトリーおよびビデオによる証拠はカーナンバー5のドライバー(ベッテル)がブレーキング中に方向転換を行ったことを示している。レースディレクターの注意書第27条5項は原則的に違反とする3つの基準を有する」

1)危険性をはらむドライビング
2)異例な方向転換
3)他のドライバーに回避行動を強いる動き

「近距離からのサーキット映像や放送映像、両ドライバーのオンボードカメラを含む録画映像とテレメトリーによれば、カーナンバー5は異例な方向転換を行っており、両車のホイールの接近性を鑑みて危険性があるとみなされた。映像証拠はカーナンバー3が回避行動を強いられたことを明確に示している。3項目にすべて合致した結果として、カーナンバー5のドライバーは第27条5項に違反している」

© ESPN Sports Media Ltd.