メキシコ

/ News

  • メキシコGP

メキシコの最終コーナーにマンセルの名前

Me
2015年9月16日 « ゴーンCEO、「まだ撤退も選択肢のうち」 | "利己的"な自分にはF1が合うとバトン »
知らせを受けて、「とてもうれしい」と語ったマンセル © Getty Images
拡大

アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスの最終コーナーに、ナイジェル・マンセルの名前が付けられた。

マンセルは1992年に開催された最後のメキシコGPのウイナーだ。彼はこの年のワールドチャンピオンに輝いている。

2015年に23年ぶりにグランプリが開催されることになったエルマノス・ロドリゲスは改修され、名うての高速コーナーだったペラルターダは安全上の理由から姿を消した。1990年のレース中にマンセルがゲルハルト・ベルガーがアウトサイドから豪快に抜き去ったコーナーだ。

メキシコGPのオーガナイザーによると、"イギリスのレーシングアイコンから名前を頂くのに、これ以上適切な場所は考えられなかった"という。

最終コーナーがナイジェル・マンセル・ターンと命名されたことを受けて、マンセルは次のようにコメントした。「メキシコ・シティーでのレースには非常に良い思い出がある。人々、エネルギー、そしてコース自体も、すべてが私にとっては当時のF1カレンダーのハイライトだった」

「ネーミングのことを知った時は、もちろん大喜びしたよ。光栄だし、誇らしくもあり、とてもうれしい。知らせを受けてすぐに思い浮かんだのは、昔のペラルターダセクションで思いがけずゲルハルト・ベルガーをオーバーテイクして、フェラーリのチームメイトだったアラン・プロストに続く2位になった1990年のことだった。あれが25年前だなんて信じられないね。私がそこで勝利してから23年もたったのか」

マンセルは今年のレースにゲストとして訪れることになった。

「オーガナイザーたちの働きは注意して見守っており、もうすぐ自分の目で確かめるのを楽しみにしている」

© ESPN Sports Media Ltd.