メキシコGP 2015

/ Commentary

フリー走行3

2015年F1世界選手権第17戦メキシコGP土曜フリー走行のセッションはこの後日本時間深夜1時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2015年F1世界選手権第17戦メキシコGP土曜フリー走行の模様をお届けいたします。ウエット路面に始まり、ウエット路面に終わった初日は初回セッションでトップタイムを刻んだトロ・ロッソのマックス・フェルスタッペンが、後半のフリー走行ではスピンを喫してウオールにぶつかり、ノータイムのままマシンを降りることになりました。

複数回の黄旗に2回の赤旗中断があったフリー走行2回目にトップに立ったのはメルセデスのニコ・ロズベルグ。ソフトタイヤで1分21秒531を刻んでいます。

レッドブルのダニール・クビアトが0.245秒差で2番手に食い込み、相棒のダニエル・リカルドが3番手に続きました。

先週末にチャンピオンシップ連覇を決めたルイス・ハミルトンは4番手どまり。フェラーリのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンが5番手と6番手のタイムを記録しています。

雲が多いものの晴れ間が広がるアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスは気温20度、路面温度32度、湿度57%のドライコンディション。予選前最後のフリー走行が間もなく始まります。

セッションがスタートしました。早速ガレージからマシンが出てきます。

最初にコースインしたのはマノー・マルシャのウィル・スティーブンス。フェラーリのセバスチャン・ベッテル、ザウバーのマーカス・エリクソンが出動し、他のドライバーたちも後に続きます。

インストレーションラップを終えたスティーブンスとベッテルはピットに帰還。

エリクソンとトロ・ロッソのカルロス・サインツは2周目に入ります。

ロータスのロマン・グロージャンも2周目に突入。

初日にクラッシュを喫して走行時間を失ったトロ・ロッソのフェルスタッペンもプログラムを開始しています。

まだスリッピーな路面状態は変わらないようで、ザウバーのフェリペ・ナッサーが少しワイドに膨らんでしまいました。

トロ・ロッソとザウバーの4台がタイム計測を完了し、トップに立っているのはフェルスタッペン。1分26秒218を刻んでいます。2番手に0.965秒差でサインツが並び、エリクソンとナッサーが続きます。

ウィリアムズのフェリペ・マッサが1分25秒台に乗せてトップに立ちました。

メルセデスはルイス・ハミルトンがインストレーションラップを終えて2周目を走っていますが、ニコ・ロズベルグはまだガレージ内。ロズベルグ以外のドライバーは全員がインストレーションラップを完了しています。

地元のヒーロー、フォース・インディアを駆るセルジオ・ペレスが1分25秒360を刻んで2番手に飛び込みました。

マッサとペレスのギャップはわずかに0.095秒。3番手にはマクラーレンのアロンソが入っています。

ドライバーたちはまだ路面が滑りやすい状態だと報告。なかなかラバーが乗ってきません・・・。

メルセデスのロズベルグがようやく始動しました。ただ、システムチェックの1周にとどめてピットに戻っています。

ハミルトンも2周を走ってタイムを計測せぬままピットに引き上げています。

ロズベルグが再びコースイン。

フェラーリのベッテルが1分24秒台に入れて3番手に入りました。

その直後にコントロールラインを通過したヒュルケンベルグが1分23秒506を記録! トップに躍り出ます。

黄旗が振られています。ライコネンです! リアから煙が上がり、コース脇にマシンを停車。

ライコネンがマシンを止めたのは初日にギアボックストラブルに見舞われたロータスのグロージャンが停車したのと同じ場所。ターン10の芝生の上です。

無線では「エンジンに問題が起きた」と報告したライコネン。リアの左側から煙が上がり、さらには若干ですが炎も見えました。

ライコネンはすでにコックピットを離れ、フェラーリマシンもコース外に出されました。黄旗も解除に。

一方、コース上ではメルセデスのロズベルグがトップタイムを刻むも、レッドブルのダニール・クビアトがそれを更新。

クビアトは1分23秒029を刻んでおり、ロズベルグに0.293秒のリードを築いています。

それぞれのパートナー、リカルドとハミルトンはインストレーションラップを走っただけでまだノータイム。

4周を走ったリカルドは今ガレージから出てきましたが、ハミルトンは2周の走行後、しばらく待機が続いています。

クビアトが1分22秒台に入れてきました。ロズベルグとのタイム差を0.367秒に拡大。

ウィリアムズのボッタスが2番手タイムを刻んできました。ロズベルグを0.1秒ほど上回りましたが、クビアトには0.239秒届かず。

ここまでノータイムだったロータスのマルドナドが1分24秒243を記録して9番手に。これでタイムを残していないドライバーはハミルトンだけとなりました。

クビアトの最速タイムを塗り替えたのはリカルド! 0.046秒速くまとめてきました。ボッタスも1分22秒台に入れましたが、ポジション変わらず3番手。

3番手のボッタスもリカルドにわずか0.054秒遅れているだけの接戦です。

初日同様、路面温度がなかなか安定しないアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス。開始時には30度を超えていましたが、徐々に下がって現在は27度を指しています。

ウィリアムズのマッサが2番手に浮上。その後、リカルドが1分22秒502を刻んで2番手以下を引き離しにかかります。

セッションは半分の30分が終了。現時点のトップ10はリカルド、マッサ、クビアト、ボッタス、ロズベルグ、ヒュルケンベルグ、ペレス、ハミルトン、ベッテル、アロンソです。

少しずつペースを上げるハミルトン。7周を走ってポジションも2番手まで上がってきました。

ソフトタイヤに切り替えたベッテルが1分21秒871をマークしてトップに浮上!

さらにトロ・ロッソのフェルスタッペンがベッテルに0.458秒差の2番手タイムを刻んでいます。

今のところ1分21秒台に入れたのはベッテルのみ。

トップ5のオーダーはベッテル、フェルスタッペン、ロズベルグ、リカルド、ハミルトンに変わりました。

メルセデスはロズベルグもハミルトンもミディアムタイヤのプログラムを継続中。

ロズベルグはここでピットに戻ります。

ハミルトンが1分21秒840をマーク。トップに立ちました。ハミルトンが履いているのはミディアムタイヤです!

ハミルトンは次のラップのセクター1でさらに速いペースを示しましたが、残りのセクターはタイムが伸びず。

ほとんどのドライバーがピットに引き上げ、コース上にはハミルトンとザウバーの2台がいるだけです。

レッドブルのクビアトやザウバーのナッサーなど、今日も路面コンディションに手こずり、タイヤをロックアップさせたり、コースを飛び出したりするドライバーが多く見られています。

セッション序盤にバイブレーションを抱えていたマクラーレンのバトンは1分29秒台のベストタイムにとどまり、タイムシートは最下位。さらにエンジンや電気系統にも問題が生じているとの情報もあります。

バトンは4周しか走行できておらず、まだソフトタイヤでの走行もありません。

バトンはコックピットを離れ、ピットウオールのエリック・ブーリエのもとへ。何やら言葉をかわしています。

相棒のアロンソがただ一人、コースに出て周回を重ねています。

残り時間は15分を切りました。アロンソはソフトタイヤを履いてタイム計測を開始。

レッドブルのリカルドが加わります。少し間を置いてクビアトも出陣。

さらにメルセデスのカレージからはロズベルグが登場です。

フォース・インディアのヒュルケンベルグら、その他の陣営も動き出しました。

ピレリによると、ミディアムとソフトのコンパウンドのパフォーマンス差は1.5秒あると計算していたとのこと。現時点で最速タイムの1分21秒840はハミルトンがミディアムタイヤで記録したタイムです。

フレッシュのソフトタイヤを履いたドライバーたちがタイム計測をスタートさせています。

ロズベルグがセクター1をファステストで通過。

1分21秒205でまとめてトップに立ったロズベルグ。ハミルトンがミディアムタイヤでマークしたベストタイムとは0.635秒差です。

クビアトが2番手タイムを記録。ウィリアムズのボッタスがロズベルグを上回るペースでセクター1を通過しています。

ボッタスは1分21秒772で3番手。

1分21秒294をマークしたベッテルが2番手に飛び込む! ロズベルグとは0.089秒のギャップしかありません!

自己ベストを更新したロズベルグがベッテルとの差を0.2秒に拡大しました。クイックラップを走っていたハミルトンはわずかにコースを飛び出し、タイム更新ならず。

太陽が顔を出したアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスは路面温度が再び30度を超えています。

トップ5のメンバーはロズベルグ、リカルド、ベッテル、クビアト、ペレスに変わりました。

ターン13でタイヤスモークを上げながらも、ハミルトンが1分21秒150を刻んで2番手に。メルセデスが1-2態勢を築きます。

ロズベルグとハミルトンのギャップはわずかに0.067秒しかなく、3番手のリカルドも0.1秒差とかなり接戦です。6番手のペレスまでが0.5秒差以内のタイムを残しています。

ロズベルグがピットに引き上げていきました。

マノー・マルシャのスティーブンスとマクラーレンのバトンは終盤に走行できぬままセッションを終えることになりそうです。

チェッカーが振られてセッション終了です。

このセッションでトップに立ったのは1分21秒083を刻んだロズベルグ。最後に自己ベストを更新したハミルトンが0.014秒差の2番手、リカルドが0.118秒遅れの3番手でした。

予選はこの後日本時間早朝4時より開始されます。それではまた後ほどお会いしましょう!