Mercedes

/ News

  • 中国GP - メルセデス - 決勝
  • 開幕3連勝を遂げたメルセデス
  • 2019年4月14日: 14日(日)に開催されたシーズン第3戦中国GP決勝レースでメルセデスのルイス・ハミルトンが優勝し、バルテリ・ボッタスが2位に入ってメルセデスに1-2フィニッシュをプレゼントした。

  • 中国GP - 決勝
  • ハミルトンが逆転勝利、ボッタスとベッテルが表彰台
  • 2019年4月14日: 14日(日)、上海インターナショナル・サーキットで2019年FIA F1世界選手権第3戦中国GP決勝レースが開催され、スタートで逆転したメルセデスのルイス・ハミルトンが今季2勝目を挙げた。

  • 中国GP - メルセデス - 予選
  • チーム力でフロントローを確保したメルセデス
  • 2019年4月13日: 13日(土)、上海インターナショナル・サーキットでシーズン第3戦中国GP予選が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがポールポジションを獲得、0.023秒差でルイス・ハミルトンが2番手に続いた。

  • 中国GP - メルセデス - 初日
  • ボッタスはマシンに満足もハミルトンは苦戦
  • 2019年4月12日: 12日(金)に開幕したシーズン第3戦中国GP初日、メルセデスのバルテリ・ボッタスが2回目のフリー走行でトップに立ち、ルイス・ハミルトンは4番手につけた。

  • ルイス・ハミルトン
  • 1,000戦目かどうかは関係ないとハミルトン
  • 2019年4月12日: 今週末の中国GPで1,000戦目のマイルストーンを達成することになり、盛り上がっているF1だが、ルイス・ハミルトンはさほど感傷的ではないようだ。

  • ルイス・ハミルトン
  • ベッテルのミスは「ささいなこと」とハミルトン
  • 2019年4月4日: セバスチャン・ベッテルのミスをルイス・ハミルトンが擁護し、これまでベッテルが見せてきた素晴らしいパフォーマンスは彼の最近のエラーを上回るものだと、批判的な風潮に苦言を呈した。

  • バーレーンテスト - メルセデス - 最終日
  • ラッセルがプログラムを担当
  • 2019年4月4日: 3日(水)、バーレーンテスト最終日を迎えたメルセデスはジュニアドライバーであり、ウィリアムズのレースドライバーを務めるジョージ・ラッセルと共にプログラムに取り組んだ。

  • バーレーンテスト - メルセデス - 初日
  • 雨天中断も77周を走破したハミルトン
  • 2019年4月3日: 2日(火)にスタートしたバーレーン・インターナショナル・サーキットでのインシーズンテスト初日、メルセデスはルイス・ハミルトンと共にテストプログラムを進めた。

  • バーレーンGP - メルセデス - 決勝
  • 1-2フィニッシュも課題はあるとメルセデス
  • 2019年4月1日: 31日(日)、シーズン第2戦バーレーンGP決勝レースに挑んだメルセデスは逆転の末にルイス・ハミルトンが優勝、バルテリ・ボッタスが2位でゴールして1-2フィニッシュを遂げた。

  • バーレーンGP - 決勝
  • ルクレールにハプニングでハミルトンが逆転勝利
  • 2019年4月1日: 人工照明の灯るバーレーン・インターナショナル・サーキットで31日(日)、2019年FIA F1世界選手権第2戦バーレーンGP決勝が開催され、メルセデスのルイス・ハミルトンが今季初勝利を挙げた。

  • バーレーンGP - メルセデス - 予選
  • 接近戦を歓迎するハミルトン
  • 2019年3月31日: 30日(土)、シーズン第2戦バーレーンGP予選が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスは3番手と4番手につけた。

  • バーレーンGP - 予選
  • ルクレールが初ポール! フェラーリが1列目独占
  • 2019年3月31日: バーレーン・インターナショナル・サーキットにて30日(土)、2019年FIA F1世界選手権第2戦バーレーンGP予選が行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールがキャリア初となるポールポジションを獲得した。

  • バーレーンGP - メルセデス - 初日
  • メルセデス、マシンバランスに苦戦もFP2では改善
  • 2019年3月30日: 29日(金)、シーズン第2戦バーレーンGP初日のフリー走行に臨んだメルセデスは後半のセッションでルイス・ハミルトンが3番手、バルテリ・ボッタスが4番手につけた。

  • ルイス・ハミルトン
  • 人種差別に「立ち上がれ」とハミルトンが呼び掛け
  • 2019年3月29日: サッカー選手に対する差別的チャントの問題を憂慮するルイス・ハミルトン。社会のあらゆる立場にある人々が人種差別根絶のために立ち上がり、戦うことが重要だと彼は述べた。

Top of the Page上へ