Mercedes

/ News

  • メルセデス

メルセデスの発明、呼び名はWダクト

Me
2012年2月22日 « ロータスのトラブル、実は深刻? | ボッタス、「ルノーはコスワースよりパワフル」 »
非常に複雑な形状をしたW03のフロントウイング © Sutton Images
拡大
関連リンク

メルセデスの革新的フロントウイングにパドック関係者たちはすでに名前を付けている――"Wダクト"だ。

彼らがFダクトを応用したコンセプトを新車W03に搭載してテストを行っていることはすでに知られている。

フィンランドの『MTV3』は、システムを"Wダクト"と表現しており、その働きについて簡単に説明した。

マシンが直線を走行している場合、空気がマシンのノーズ先端に流れ込み、Wのような形に枝別れしながらフロントウイングの両端まで導かれていく。

しかし、マシンがコーナリング中は空気が主に左右のウイングのどちらか一方へと流れるため、バランスとハンドリングが改善される。

2011年に禁止されたドライバー手動のFダクトとは違い、メルセデスのシステムは完全に受動的で可動パーツも必要としないため、合法だ。

一方、チーム代表のロス・ブラウンは、21日(火)、アルド・コスタやボブ・ベル、ジェフ・ウィリスといった技術代表者を多数雇用したメルセデスの戦略を擁護した。

「どうやって機能させるのか、私には謎だよ」とレッドブルのヘルムート・マルコ博士は『Die Welt(ディ・ヴェルト)』に語っている。「まあ、メルセデスには分かっているんだろうね」

© ESPN Sports Media Ltd.