Mercedes

/ News

  • メルセデスGP

ロズベルグ、メルセデスGPと契約延長

Me
2011年11月10日 « ウィットマーシュ、コスト規制は重要 | ライコネン、交渉の事実を認める »
2010年のシルバーアローのF1復帰以来、チームと歩んできたロズベルグ © Getty Images
拡大
関連リンク

ニコ・ロズベルグがメルセデスGPと2013年以降を含む"複数年契約延長"にサインした。

2010年シーズン前にウィリアムズから、ワークスチームとしてF1に復活したメルセデスGPに移籍したロズベルグ。チームのデビューイヤーで表彰台に3回上がり、存在を印象付けた。今シーズンはまだチームとして表彰台獲得がなく、成果は少ないものの、ロズベルグはまだ7度の世界王座を手にしたチームメイトのミハエル・シューマッハをドライバーズランキングで5ポイントリードしている。

チームは契約の具体的年数を明らかにしないが、2012年末までの現行契約を明らかに延長したものであり、ロズベルグはその頃までには勝てるマシンを手に入れられると自信を示す。

「メルセデスGPペトロナス・チームとの契約を延長できてすごく興奮している」とロズベルグはコメント。「シルバーアローでの優勝は僕の人生におけるハイライトになるだろうし、F1のベストを目指すチームの助けになれてうれしい。チームが勝てるマシンを与えてくれると確信しており、僕らはシルバーアローの輝かしいレース史に貢献できるはずだ。メルセデス・ベンツ・ファミリーでの長期にわたる素晴らしい時間を楽しみにしている」

メルセデスGPのチーム代表、ロス・ブラウンはふさわしいマシンさえ手にすれば、ロズベルグが勝てることは分かっているため、容易な決断だったと語った。

「ニコとの契約を延長できてうれしく思っている。彼はレースやチャンピオンシップに勝てるドライバーだ」とブラウン。「ニコはこの2シーズン、われわれのシルバーアローチームでひときわ優れたパフォーマンスを示し、現在のマシン性能の限界ともいえるリザルトを達成してきた。彼は仕事に対する優れた倫理観を持ち、マイケル(シューマッハ)とのペアリングは一貫してチームの改善と進歩をプッシュしてくれるはずだ。将来のためのチーム強化を続ける一方で、われわれはニコに先頭争いができるマシンを提供し、彼が手にするべきF1初勝利を実現させたい」

メルセデス・ベンツ・モータースポーツ副社長のノルベルト・ハウグは、チームに加入してからのロズベルグのプロフェッショナリズムに感銘を受けたと述べた。

「ニコとメルセデスGPペトロナスは同じ目標を持っている。彼はチームと仕事をすることを非常に好み、われわれは長い成功への道を共に歩む。私はニコのひたむきな献身と細やかな配慮を高く評価している。彼は間違いなく、最速で最も才能にあふれ、最も安定したドライバーの1人だ。そして彼のプロフェッショナリズムのレベルは何ものにも劣らない。彼はわれわれのテクニカルパッケージ改善に熱心に取り組み、ドライバーたちの才能に見合った結果を残せるように努力してくれるはずだ。マイケルに関して、ニコにはスポーツの歴史上最も成功を収めたレーシングドライバーというチームメイトがいる。彼にだけでなく、チームにとってもパーフェクトなコンビネーションだ。われわれはニコを非常に高く評価しており、長期にわたるハードワークによってニコとメルセデスGPペトロナスに素晴らしい成功がもたらされることを楽しみにしている」

© ESPN Sports Media Ltd.