Mercedes

/ News

  • ルイス・ハミルトン

ハミルトン、社会が変わろうとする年のタイトルは「特別」

Me
2020年7月3日 « フェラーリから契約オファーはなかったとベッテル | マクラーレン移籍を後悔しないとリカルド »
© Clive Mason/Getty Images
拡大

人種差別に抗議するブラック・ライブズ・マター(BLM)運動が巻き起こる2020年にF1のタイトルを勝ち取ることができるなら、自分にとって最も特別なタイトルになるとルイス・ハミルトンが述べた。

ハミルトンはあと1つでミハエル・シューマッハが持つ7回という最多ワールドチャンピオン獲得記録に並ぶことになる。しかし、F1シーズン開幕を3カ月遅らせた新型コロナウイルスのパンデミックや、4月に起きたジョージ・フロイドさん殺害への抗議が繰り広げられている今年はハミルトンにとってより深い意味を持つようになったという。

「今年のタイトルを勝ち取ることは、今まで以上に意味を持つ。今年は今も戦いが続くこのパンデミックによって、忘れることのできない年になっているからね」と彼は述べた。

「それ以上に、もっと個人的なレベルやBLM運動、不平等をなくし、平等を実現するための戦いが起きている今、何かのために戦うというのはすごく重要だ。僕らのいる間、僕らの世代で変わることはないだろう。でも、僕らの子どもたちのために今はすごく重要な瞬間だ。だから、こういう時にワールドタイトルを勝ち取ることはいつも以上に重要なんだ」

日曜日オーストリアGPが開催されるレッドブル・リンクで開かれたハミルトンの会見は、ソーシャルディスタンスを確保した状態で行われた。レース前にBLMに賛同する何らかの行動が取られるかどうかははっきりしていない。

ドライバー仲間とともにひざまずく予定はあるのかと聞かれ、ハミルトンは述べた。「まだみんなと話していない。週末中には機会があるはずだ」

「それについては何度も質問されているけど、あまり重視しているわけじゃないんだ。ここへ来てひざまずくことが僕のプライオリティーじゃない。日曜日になれば分かるよ。何をするにしても、1つになってやりたい。僕らが結束を続ける、あるいはこれから結束することがこのスポーツにとって大事なんだ。不正と不平等を終わらせるために本気で戦う必要がある」

どんなアピールをするにしろ、1回限りで終わらせないことが重要だとハミルトンは言う。

「ずっと継続されること――そうでなくちゃいけない。これが一番のポイントだよ。ただ1度、何かを投稿してすぐに普通の生活に戻るんじゃ不十分だ。続けなければいけない」

「黒人には少し休憩と言えるような特権はないんだ。僕たちみんながそれを考え、業界が考え続けて、みんなが1つにならなきゃいけない。僕たち一人一人の声には力がある。それを合わせることができればなおさらだ。みんなが変わらずにいてくれれば、きっと続けられる」

ハミルトンのいるメルセデスチームはすでにマシンを黒をメインにしたカラーリングに変えており、多様性を欠いたレースチームの構成を見直すことを誓っている。ハミルトンはまた、モーターレース界の多様性不足に関するレポートの作成を依頼しており、F1ももっとチャンピオンシップに少数民族を増やそうというプログラムを立ち上げている。

© ESPN Sports Media Ltd.