Mercedes

/ News

  • ルイス・ハミルトン

ハミルトン、シューマッハと比較されることは「夢のよう」

Jim
2019年12月16日 « 投票でノリスが2019年のF1ルーキー・オブ・ザ・イヤーに | パワーユニットは合法だと主張するフェラーリ »
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

2020年にも新記録達成の可能性が高まるルイス・ハミルトンは、F1史上最多記録を誇るミハエル・シューマッハと関連付けられることにいまだに不思議な感覚を覚えるようだ。

2019年シーズンの世界タイトルを手中に収めたハミルトンは過去6年で5度目、自身通算6回目の年間王者に輝き、シューマッハが持つ史上最多記録にあと1つに迫っている。また、今年のレースを終えた時点で84勝に達したハミルトンはシューマッハの最多91勝を塗り替える可能性もある。

史上最高ドライバーの1人と比較されることに謙虚さを見せるハミルトンは、BBCスポーツ・パーソナリティ・オブ・ザ・イヤー(BBC年間最優秀スポーツ選手)賞の会場で次のようにコメントしている。同賞はイングランドのクリケット選手であるベン・ストークスが受賞、ハミルトンは次点となった。

「正直に言えば記録は見たことがない。どうしてかは分からないんだけどね。スティーブニッジで生活しているときに、ミハエル・シューマッハが世界選手権に勝っているところを見ていたから、自分の名前が彼と同じセンテンスで言われることをものすごく夢のように思う」

「とても名誉なことだし、家族にとっては本当にとても誇りに思えること。イギリスのいろんな人の影響を受けてきて、この会場にもたくさんの偉業を成し遂げた多くのスポーツ選手がいる」

「もし僕のやることを見てくれている誰か1人の子供、大人でもいい、そういう人の飛躍につながるのであれば僕は本当にうれしいと思う」

ハミルトンはすでにひとつのF1記録を達成している。88回という史上最多ポールポジションだ。

© ESPN Sports Media Ltd.