Mercedes

/ News

  • イタリアGP - メルセデス - 決勝

直線で追いつけずフェラーリに完敗のメルセデス

Nobu / Me / Jim
2019年9月9日 « ジョビナッツィが母国レースで2点獲得 | 特別な勝利に言葉がないとルクレール »
© Dan Istitene/Getty Images
拡大

8日(日)に開催されたシーズン第14戦イタリアGP決勝レースでメルセデスのバルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンが2位と3位で表彰台に上った。

ルイス・ハミルトン

「今日はシャルル(ルクレール/フェラーリ)を祝福したい。バルテリ(ボッタス)と僕がかけていたプレッシャーを考えると、彼はいい仕事をした。フェラーリのマシンは直線ですごく速くて、ついていくのが難しかった。今日は僕たちの日ではなかったということ。別のクルマにあんなに接近してもオーバーテイクできないというのは残念でしかない。でも最終的には、最も重要なコンストラクターズ選手権で多くポイントを得てイタリアを離れる。次のレースは楽になるとは思っていない。実際、来週はファクトリーに行き、マシンの改善、レース週末の仕事の手順の見直しと、いつものこと繰り返す。僕自身もシンガポールではもっといい仕事ができるようになればと思っている。個人的にはフェラーリやレッドブルとのバトルは大切に思っている。だからこれからも続いてほしい」

バルテリ・ボッタス

「レース終盤でシャルルに仕掛けるため、できる限りのことをして接近しようとした。しかしこの週末、フェラーリは直線でとても速かった。だから十分に近づくのは難しかった。できるだけハードに攻めたけど、すごく接近すると毎回フロントがロックし始めるんだ。勝てなかったのは残念だけど、今日の僕たちのパフォーマンスは実際すごく期待できるものだった。シーズンの中で最も厳しいレースの1つになると思ってモンツァに来たけど、真面目にフェラーリに挑戦できたから、それは良かった。そういう意味では全体的にいいレースだったし、前向きな気持ちでイタリアを離れることができる。データ上ではこれからのレースは自分たちにやや有利で、これからの数週間、フェラーリやレッドブルといいバトルを期待している」

クリスチャン・トト・ウォルフ(チーム代表兼CEO)

「まずはシャルル(ルクレール/フェラーリ)に祝福を。彼は強いレースを見せ、今週末はフェラーリが最強のパッケージを持っていた。われわれは今日、彼らに全てをぶつけたし、レース前に述べたようにモンツァで2位と3位を与えられるなら、私は納得してそれを受け取ろう。もちろん、勝ちたいとは思っていたが、久しぶりのフェラーリ勝利を目にしたティフォシの喜びようを見ただろう。スパとモンツァは予想通りわれわれには厳しかった。それでもわれわれは堅実なリザルトを達成し、多くのポイントを手に、両チャンピオンシップでリードを広げてフライアウェイ戦に向かうことができる。次はシンガポール。われわれはそこで強いはずだが、レッドブルも同じだ。今後のレースで自分たちの力を見せられることを楽しみにしている」

アンドリュー・ショブリン(チーフレースエンジニア)

「今日はほぼレース全体を通してシャルルの背中を捕らえていたのに、追い抜く方法を見いだせなかったことにはフラストレーションを感じるものの、こういうこともある。ルノーの後方にギャップがあることが分かったので、ルイスとはアンダーカットをトライするしかなかったわけだが、ここはデグラデーションが低く、他のサーキットほどひどくない。ルイスはターン4でうまく動いたが、シャルルがアグレッシブに防御してきた。現実的に考えると、ルイスにとって優勝を狙う最大のチャンスがあの場面だったと思う。このスティントの大半でルイスはタイヤをプッシュしていたため、終盤にダメになり始めたことに驚きはない。タイヤの寿命を相殺できるようにバルテリを長く走らせることはできたものの、追い抜くためのスピードを与えるほどではなく、その後は他に何の手立てもなかった。取り組むべき部分は分かっている。シーズン開幕時に持っていた予選ペースが落ち込んでおり、直線のスピードがもっと必要だ。そのことはしばらく前から分かっているが、終わったばかりのここ2週間のような週末を過ごしたことは、それらの弱点を乗り越えようと、ブラックリーとブリックスワースにいるみんなのモチベーションになる。次のシンガポールはこことは全く異なるチャレンジをもたらす。加えて、適切に対応するのがトリッキーなサーキットでもあるが、われわれは勝利街道に戻るべく闘志を燃やしているので、最高の形で臨めるように今週も必死に取り組んでいくつもりだ」

© ESPN Sports Media Ltd.