Mercedes

/ News

  • メルセデス

予選までにマシン修復できるとメルセデス

Jim
2019年8月31日 « 2020年にスプリントレース予選を試行する構想が浮上 | ライコネンが酔ったファンに絡まれる »
© Kenzo TRIBOUILLARD / AFP
拡大

ベルギーGP土曜フリー走行でクラッシュを喫したルイス・ハミルトンのマシンにダメージを抱えたメルセデスは、予選までの短い時間で修復作業を完了するという戦いに挑んでいる。

ハミルトンが珍しくマシンのコントロールを失ってターン12のタイヤウオールに突進したのはセッション中盤。チャンピオンシップリーダーのハミルトンにケガはなく、すぐに自力でコックピットを離れている。無線でチームに謝罪したハミルトンがセッション終了から2時間後に始まる予選に参加するためには、マシン修復を完了するしかない。

ただ、チームは作業完了に自信を見せており、「フロントの両サイド(サスペンションとホイールアッセンブリ)、ノーズ、バージボード、フロアを交換する予定。予想外の思いがけないサプライズを除けば、予選のスタートまでにすべての作業を完了できるはず」と述べている。

© ESPN Sports Media Ltd.