Mercedes

/ News

  • ルイス・ハミルトン

セナと比較できるのは「ハミルトンだけ」とベルガー

Jim
2019年4月24日 « eスポーツ初代王者リー、実際のレースデビューでクラッシュ | Honda、バクーにアップグレードエンジンを投入 »
© GREG BAKER / AFP
拡大

アイルトン・セナの元チームメイトであるゲルハルト・ベルガーは伝説的ドライバーのセナと同じレベルに評価されるのはルイス・ハミルトンだけだと語った。

3度の世界王者に輝いたセナはF1史上最高ドライバーと評されることが多い。2007年にF1参戦を果たした際、幼少期のヒーローだったセナにちなんで黄色のヘルメットを着用したハミルトンは2017年にセナのポールポジション獲得数である65回を突破、今やそのセナの勝利数もタイトル獲得数も上回る通算75勝、5度のチャンピオンシップ制覇を成し遂げ、両記録においてハミルトンより上位にいるのはミハエル・シューマッハだけとなった。

14年間のF1キャリアで10勝をマークしたベルガーは、セナが1990年と1991年にマクラーレンと共にタイトルを勝ち取った頃のチームメイトだ。フェラーリドライバーとしても活躍したベルガーは過去5年で4度のチャンピオンに輝いた最近のハミルトンの活躍に感銘を受けたといい、セナとハミルトンは比較に値するとコメントしている。

「いつも聞かれるんだ。"このドライバーはセナと比べてどう思う?"とね。私はこれまでずっと"アイルトンに近いドライバーは1人もいない"と答えてきた。しかし、ルイスは私が初めてアイルトンと同レベルと考えるドライバーだ」

「とてつもなく速い。他のドライバーに比べて若干ミスが少なく、何がすごいと思うかと言えば、彼ほど勝っているような時は、"今日は2番かよ、突っ込んでいって勝つか、それかヤメだ"と思ってしまうものなのに、彼はそれをしないところ。とにかくそこにとどまって待ちながら、"よし、2位でフィニッシュしてポイントを取ろう"とする。無敵の今、非常に良い形で自分の戦いができているようだ」

「この数年、チャンピオンシップはメルセデスが勝ち続けてきたが、それはルイスとエンジンのおかげだと思う。あのエンジンは素晴らしい。それは確かだ。ただ、ルイスに関しては、ウエットだろうと、高速サーキットだろうと市街地サーキットだろうと、予選だろうと、常にそこにいる」

「5回のチャンピオンシップ制覇を成し遂げ、連勝もある。確かに、最高のエンジンを積んだ最高のマシンに乗ってはいるが、彼もまた最高だ。現時点でのベストドライバーだと思う」

2019年4月時点でF1最多勝(91勝)と最多タイトル獲得(7回)の記録はシューマッハが保持している。現在のシューマッハは、2013年12月のスキー事故で頭部を負傷した影響で今もケアが必要な状態だと考えられているが、実際の健康状態については極秘事項として公になっていない。

そのシューマッハの現状を思い、最多記録を保持し続けてもらいたいと考えながらも、ベルガーはハミルトンがシューマッハ超えを達成する力を持っていると話した。

「彼に何事もなく、このままの勢いでいくようなら、ルイスはあと2、3年はチャンピオンシップを常に争う立場にあるだろう。そうなれば当然、チャンスはある」

「もちろん、マイケルに起きたことを考えれば、とても悲劇的で本当に悲しいことだから、一方でマイケルの成功を守りたいとの思いもある。それでも、これらすべてをどかして話せば、ルイス・ハミルトンは私が見てきたF1の中で随一の非常に特別なドライバーだと思う」

© ESPN Sports Media Ltd.