Mercedes

/ News

  • メルセデス

メルセデス、チームオーダーは厄介事になると警告

Jim
2019年4月16日 « フェラーリ、入れ替えはチームの結果を最大化するため | レースペース不足に苦悩するハースF1 »
© Dan Istitene/Getty Images
拡大

ここまでの2019年シーズンにチームオーダーを活用するフェラーリの状況に同情を示しつつも、メルセデスを率いるクリスチャン・トト・ウォルフはライバルがチームオーダー使用の危険な前例になる可能性に警告を発した。

今季、フェラーリは3レースすべてでコース上のドライバーポジションに影響を与える指示を発令しており、オーストラリアとバーレーンではシャルル・ルクレールにセバスチャン・ベッテルを追い抜かぬよう命じ、中国GPではチームメイトに道を譲るよう指示を飛ばした。ルクレールは最初と3番目の要請には応じたものの、バーレーンではレース序盤に自らの方が速いとしてベッテルをオーバーテイクしている。

ウォルフも以前には同様の状況に直面したことがある。昨年、ロシアGPでルイス・ハミルトンを先に行かせるようバルテリ・ボッタスに指示を出した後、チームがチャンピオンシップに勝っていなければ、シーズン末には愚か者というよりも"悪者"になっていただろうと主張。また、それ以前にもウォルフはハミルトンが元チームメイトのニコ・ロズベルグと激しく競い合っていた頃も複数の場面でチームオーダーを使用したことがある。

フェラーリがレース後に弁解を強いられた中国GPの状況をどう見たかと問われたウォルフは、「厄介な状況だったと思う。ライバルを追いかけるにあたっては速い方のマシンがいいわけで、セバスチャンはあの段階で自分のマシンの方が速いと言っていたから、彼らはオーダーを入れ替えた。それは理解できる」とコメントした。

「とはいえ、こういったことをやり始めると非常に複雑になる。前例になるのだから、厄介な問題を抱えることになる。後方のマシンが速いすべてのレースで指示を出さなければならなくなるかもしれない」

「つまり、簡単な状況ではないし、われわれもニコ(ロズベルグ)とルイス、バルテリともそういうことがあった」

また、このトリッキーな状況は明らかなナンバー1、ナンバー2といった状況ではなく、同じチームに2人のコンペティティブなドライバーを有するがゆえだとウォルフは述べている。

「(中国で)われわれも(ハミルトンとボッタスが)互いに非常に激しくプッシュし合い、レースを完走できなくなるリスクを取っている状況があった。つまり、フェラーリの問題だけではない。2人の優秀なドライバーを持つ全てのチームがその問題を抱える」

© ESPN Sports Media Ltd.