Mercedes

/ News

  • バーレーンテスト - メルセデス - 初日

雨天中断も77周を走破したハミルトン

Jim
2019年4月3日 « バーレーンテスト初日:4月2日 | 雨の影響を受けるも生産的な1日だったとレッドブル »
© Lars Baron/Getty Images
拡大

2日(火)にスタートしたバーレーン・インターナショナル・サーキットでのインシーズンテスト初日、メルセデスはルイス・ハミルトンと共にテストプログラムを進めた。

バーレーンGPで優勝を遂げたハミルトンは77周を走り、1分31秒156のベストタイムを残して6番手につけている。

ルイス・ハミルトン

「週末を通してドライブしていたのと同じコースを走ったけど、コンディションに関してはまったく違っていた。気温も風も先週の経験とは違っていたから、かなり涼しいコースを走ることになったし、それもあっていくつかバリエーションがあった」

アンドリュー・ショブリン(チーフレースエンジニア)

「雨はちょっと驚きだったね! 予報にはなかったが、プログラムには4時間ないし5時間の影響があった。今回のテスト用タイヤを選んだのは12月までさかのぼるため、雨は予想しておらず、ドライタイヤしか選んでいなかったのだ。そのため、路面がしっかり濡れてしまうと、われわれには選択肢が一切なく、再びドライになるのを待つしかなかった。それでも、無駄な1日だったわけではなく、午前中はいくつか空力アイテムを試し、開発アイテムの一部も有益なデータを集められている。明日に向けては若干プランを組み立て直すが、やりたかったことはすべてできそうにないものの、天気が問題なければ大半をカバーできるはずだ」

© ESPN Sports Media Ltd.