Mercedes

/ News

  • メルセデス

メルセデスが新カラーのマシンをチラ見せ

M.S.
2019年2月6日 « バクーが2023年までの新契約を締結 | F1は将来像をはっきり示すべきとホーナー »
© Mercedes AMG Petronas F1 Team
拡大

選手権6連覇を狙うメルセデスがこれまでとは大きく様変わりした2019年のマシンをチラ見せした。

メルセデスはバルセロナのカタロニア・サーキットでプレシーズンテストが始まる5日前にあたる15日(水)に新車を公開する予定。チームの公式『Twitter(ツイッター)』アカウントで公開された画像には、ブルー、グリーン、ブラックから成るパターンでペイントされた新フロントウイングの一部が写っている。2010年にメルセデスがグリッド復帰を果たして以来、採用されてきたシルバーのマシンとは大きく異なるものになりそうだ。

メルセデスのルイス・ハミルトンは炎の絵文字と共にチームのツイートを紹介している。

「シルバーはもう古い・・・ #WelcomeW10」

W10についてのこれ以上のプランは明かされていない。

チームのツイートによって新たなアプローチのマシンカラーがほのめかされた一方、テストで、もしくはシーズン開幕後に異なるペイントが用いられる可能性はある。レッドブルは2015年のプレシーズンテストで特別な白黒のカムフラージュ柄のマシンを使用したほか、2018年にはスペシャル仕様のカラーを披露した後、テスト開催地のバルセロナでは例年に近いカラーに戻していた。

© Getty Images
拡大

今年のマシンはオーバーテイクの機会を増やしてレースの質を向上させるべく、いくつかの変更が施されている。

© ESPN Sports Media Ltd.