Mercedes

/ News

  • ルイス・ハミルトン

2輪への新たな愛に目覚めたハミルトン

Jim
2018年12月3日 « ウィリアムズ、ラティフィをリザーブに起用 | 2018年は「ワーストシーズン」とボッタス »
© Clive Mason/Getty Images
拡大

2日(日)、スーパーバイク世界選手権に参戦するアレックス・ロウズ、マイケル・ファン・デル・マークと共にヘレスでテストドライブに臨んだルイス・ハミルトンが新たに2輪レースの愛に目覚めたようだ。

ヤマハYZF-R1にまたがってヘレス・サーキットを走ったハミルトンは『Instagram(インスタグラム)』にテスト走行の様子を投稿。ヘレスではメルセデスのチーフストラテジストであるジェームズ・ボウルズの姿も確認されており、ハミルトンやロウズ、ファン・デル・マークと共にテレメトリーを比較するシーンが写真に収められている。

翌日、ハミルトンはモーターバイクレースへの思いを強調したメッセージを投稿しつつも、4輪から2輪に完全転向する計画がないことは明言している。

「おはよう! 今日は最高の気分で目覚めた。もうすでにスーパーバイクでの走行が恋しいよ。ちなみに、僕はずっと4輪よりも2輪の方が好きだったんだ。子供の頃からモーターバイクが欲しかったんだけど、でも、カートに連れて行ってくれた父には本当にものすごく感謝している。今はバイクでコースを走るという新たな愛に目覚めた感じ」

「モーターバイクのライダーたちには最大の尊敬と敬意を抱いている。まったく別の規律があるけど、タイムや忍耐力、恐怖心のなさ、集中力、機敏性、リスクテイクなど、基本的な部分で同じものを求められる。それらすべてがスポーツの興奮を生むんだ」

「それに、うん、バイクでレースがしたい。ただ、彼らは別レベルの人たちだから、僕はただ乗るのを楽しんで、コース上で制限のあるテストを楽しめればいいかな」

ハミルトンはさらに、9度のMoto GP王者であるバレンティーノ・ロッシに宛てたメッセージを追記し、イタリア・タヴッリアにあるモトクロスランチ(コース)に招待するようおねだりした。

「@valeyellow46(ロッシ)、なるはやでランチに行かないと」

© ESPN Sports Media Ltd.