Mercedes

/ News

  • ルイス・ハミルトン

「異例」の準備でレースに臨んだハミルトン

Me
2018年11月26日 « 「僕にとって最高のF1シーズン」とエリクソン | ハミルトンとベッテルがヘルメット交換 »
© Clive Mason/Getty Images
拡大

F1シーズン最終戦のアブダビGPで"ビッグブラザー"と慕うウィル・スミスを招いたルイス・ハミルトン。彼は今回いささか変わった状態でレースに臨んでいた。

10月に自身5度目のタイトルを獲得したハミルトンは、チャンピオンと一緒にF1グランプリに来るのが夢だったという友人でハリウッド俳優のスミスを招待した。2人はドライバーズパレードの前もつるんで注目を浴び、スミスはその後もスタート前にグリーンフラッグを持ってコースを横断し、レース中はコース脇のカメラを操るなど国際映像に登場し続けた。

レースはハミルトンが完勝し、彼のキャリアで最も印象的なシーズンを締めくくったが、何より最高だったのはグリッドへ向かう前の彼とスミスの演出だった。レース前、メルセデスがある動画を公開した。スミスのアップから始まる映像には、続いて椅子に拘束されたハミルトンの姿が映り、彼の代わりにスミスがレースに出ると主張している。

スミスはこうまくし立てる。「ごめん、ほんっとにごめん。でも、こいつは取引だ。俺にとって生涯一度のチャンスなんだよ、頼む! おまえはもう勝っただろ! ちょっとぐらい他のヤツにも分けてくれよ。おまえも黒人、俺も黒人、入れ替わったって誰も気づかないって」

ハミルトンは途中で吹き出しそうになりながらも悪態をつき、スミスを懸命に引き止める。最後はハミルトンが――縛られたまま――"ウィル、やるんなら勝たなきゃダメだぞ!"と叫んで終わる。

メルセデスは続いてさらに2本の動画を公開している。「何か違和感が・・・」というキャプションが添えられた1本目には、レーシングスーツを着てハミルトンのレースヘルメットをかぶり、マシンに近づく不審な男の姿が。「申し訳ないけど、今日はダメだよ、ウィル」と書かれた2本目は捕らえられたスミスが悔しそうな顔で連行されていくというもの。

レース後の記者会見でハミルトンは述べた。「いつもとちょっと違った週末だったよ。昨日の朝はFIFAとソニーとちょっとした撮影をしていたんだ。それから今朝はウィルといろんなことをした」

「ウィルは元祖ハイプマンだからね。ノリが良くて、エネルギーをたくさん振りまく。僕にとってはビッグブラザーみたいなもの。クルマに乗る10分前にも撮影していたんだよ。普段なら準備をしている時間だから絶対にあり得ないことだ。今日はいつもと全然違うパターンでレースを迎えた」

© ESPN Sports Media Ltd.